フィリピン留学の語学学校50校まとめ!

フィリピンには多くの語学学校があり、年々増え続けています。

弊社のホームページでも沢山の学校をご紹介していますが、『学校が沢山ありすぎて、分からない!』というお客様も多いのが実情です。

 

すべての学校について、細かい情報までチェックする時間はなかなかありませんよね。

そこで、こちらの記事ではフィリピン留学の主な語学学校の特徴をサクッとまとめてみました!

マクタン島の学校

マクタン島は「セブ・マクタン国際空港」のある島です。セブ島とは2つの橋でつながっているため、タクシーでセブ市内へ行くことができます。

 

リゾートホテルが点在するマクタン島では、ダイビングやシュノーケリングなどを楽しめます。

休日には気軽に海に出かけられるのが魅力です!

 

First English Global College

FEGC students

 

弊社が運営する日本人経営の学校で、2013年に開校しました。
日本人の苦手な箇所にフォーカスしたカリキュラムと、定員約80名のアットホームな雰囲気で人気の学校です!

 

マンツーマンで指導する「発音矯正」や、言いたいことを正しい文法で瞬時に言えるようになるための「瞬間翻訳」などで、スピーキングに自信をつけます!ビギナー2レベル以上が対象の、「ディベート」や「プレゼンテーション」の少人数グループ授業は、スピーキング力の伸びが実感できると好評です。

 

追加料金により土日にもレッスンを受講できるほか、日本人に合わせたお食事、ベビーシッターサービスなど、きめ細かい対応が自慢です。

 

◆こんな方におすすめ!◆
お子様からビジネスマン、シニアの方まで、幅広い年齢層に合う学校です。親子留学にも適しています!

Cebu Blue Ocean Academy

Cebu Blue Ocean Academyは、バギオで14年以上の歴史を持つPINESという学校のセカンドキャンパスです。

 

プライベートビーチと3つのプールを持つリゾートホテルを宿舎として利用しているため、日常的にリゾートの雰囲気が味わえる点が魅力です!

ホテルの敷地内にある綺麗な新設キャンパスには、学生専用食堂、ジム、カフェを備えています。

 

講師の質にこだわりがあり、レッスン面でも信頼できる学校です。
最大9時間のマンツーマン授業が受けられるほか、旅先で最低限必要な英会話に的を絞った【サバイバルESLコース】、親子留学向けの【ファミリーコース】などもございます。
韓国人経営の学校ですが、お食事は辛いものと辛くないものの両方を用意しますので、安心です。

GENIUS

フィリピン留学 ジーニアスイングリッシュ

 

フィリピンでは大変珍しい、ロシア人経営の学校です。

リゾートホテル敷地内にキャンパスを構え、土日はホテルのスイミングプール、プライベートビーチを無料で利用出来るだけでなく、宿泊施設においては、高層階から海を望むお部屋など、さまざまなお部屋をご用意しています。
ロシア人経営ということで、ロシア人を始め、中東やヨーロッパから生徒が来ることもあり、多国籍の生徒が学んでいる点も魅力です!

 

授業プログラムにおいても、かつて老舗語学学校にてアカデミックを長年担当していたイギリス人ネイティブスピーカーが作成、講師の訓練を行い、厳しい評価により厳選された講師陣とカリキュラムを提供いたします。
ネイティブ講師のグループ授業も質が高いと好評です。コースによってはマンツーマンクラスもネイティブ講師の授業が受講可能です。

QQ English シーフロント校

セブのITパークにキャンパスを持つQQ Englishの第二キャンパスで、自由な校風です。
もともとホテルだった建物を改築しているため、お部屋もとても綺麗で快適な留学生活を送ることができます。
学校の目の前に海が広がっているため、とても開放感のあるキャンパスです。

 

QQEnglishのカリキュラムは、それぞれ授業時間数が異なるライトプラン、スタンダードプラン、スペリアプランの3つからお好みのプランを選びます。

マンツーマン授業の科目は、豊富な選択肢の中から自由に選ぶことができます。

イギリスが発祥の学習法、「カランメソッド」の授業もございます!

 

なお、1人部屋、2人部屋は、トイレ・シャワーが共同でございます。

トイレ・シャワーがお部屋の中にあるお部屋をご希望の場合は、「デラックスタイプ」「エグゼクティブタイプ」となります。

Philinter

フィリピン留学 Philinter

マクタン島にある学校の中では、最もセブ島に近い場所にあります。
商業地域とは異なる静かな環境でありながら、徒歩圏内にスーパー、両替所、マッサージ、レストラン、ネットカフェ、病院などの生活施設があります。

 

また、「クオータシステム」によって、生徒様の国籍比率をコントロールしています。
「日本人40%、韓国人25%、その他の国籍35パーセント」をおよその目安にすることで、多国籍な環境を守っています。

 

Philinterでは留学生のモチベーションを高め、留学生活にスムーズに馴染んでいただけるようにBUDDY TEACHER システムを採用しています。
学生1人当りBUDDY TEACHER 1人が付き添い、授業への適応から評価、生活、試験準備などあらゆる分野でケアするので安心して留学生活を送ることができます。
BUSINESSコースやIELTSコースにも力を入れている実力校です!

CG

マクタン島の中でも、人里離れた郊外に位置するスパルタ校です。
1日最大12時間の授業が受けられるほか、平日の外出も禁止されており、英語の学習に集中できる環境です。
英文エッセイライティングもあるため、ライティングやスピーキングなどの「アウトプット能力」を効果的に伸ばすことができます。

 

また、EOP(English Only Policy=日本人同士でも英語で話す取り組み)の実施校でもあり、決められた時間内は全て英語のみを使用する生活を徹底管理されています。
設備はやや古いものの、レッスン面やしっかり勉強できる環境という意味ではとてもフィードバックの良い学校です。

 

◆こんな方におすすめ!
甘えのないストイックな環境で、集中して英語力を伸ばしたい方

セブ島の学校

フィリピン留学=セブ島をイメージする方が多いのではないでしょうか。
セブ島は、語学学校の選択肢が最も豊富なエリアです。
市街地の学校や、セブ郊外の学校、セブの端にあるリゾート風の学校など…ご自分にあった学校を見つけましょう!

KIRIHARA Global Academy(セブプレミアム校)

MJ Hotel _ Suites  building 
KIRIHARA Global Academyは、桐山書店直営の日本人経営学校です。

 

ホテル一体型で、セブシティ校よりもグレードの高いMJ Hotelを教室および宿泊施設として使用しています。アヤラショッピングモールまで、徒歩7分の便利な立地です。

授業は1日8コマで、すべてマンツーマン。ご要望に応じてビジネス英語やTOEIC対策も可能です。
また、KGAセブプレミアム校だけで受けられるコースとして、【おもてなし英会話コース】がございます。

このコースでは道案内、観光ガイドなど、「おもてなし」の場面で想定される様々な状況に対応できる英語力を身に着けます。
快適なホテルの客室に滞在しながら、オールマンツーマンの授業でしっかりと英語が学べます。

 

◆こんな方におすすめ!
学校の寮という雰囲気が窮屈に感じる方や、ホテルライフに憧れる方、生徒様の年齢層が高めの学校をお探しの方に適しています!

KIRIHARA Global Academy(セブシティ校)

KIRIHARA Global Academyは、桐山書店直営の日本人経営学校です。
日本人により良いサービスを提供することを目的に創られた学校で、Asia Lightホテルを教室および校舎として使っています。

レッスンは「マンツーマン×6コマ、グループ×2コマ」の合計8コマで、追加料金により8コマすべてをマンツーマンにすることもできます。
学びたい内容に合わせて科目を組み合わせることができるため、短期間で最大の成果を求める方のニーズに応えます。

 

ホテルの部屋ではWi-Fiが繋がりますので、ご自分のお部屋で気兼ねなく勉強やお仕事をしたい方にピッタリの環境です!
学校周辺にセブンイレブンや飲食店、マッサージ店もあって、授業が終わった後に気軽に利用できるのもうれしいポイントです。

3D ACADEMY

3D ACADEMYは、セブ島の中心地の賑やかな場所にある、日本人経営の語学学校です。
ショッピングモール(JYセンターモール)内にあり、スーパーマーケットやレストラン、マッサージなどが近い便利な立地です。

会話中心のカリキュラムと費用の安さで大変人気のある学校で、「内部寮6人部屋」はセブ最安値レベルです!
設備は古めですが、綺麗な寮をご希望の方には「新ビル寮」をおすすめします。
通常の英語レッスンのほかに、自由参加のヨガレッスンやズンバレッスンで、勉強の疲れをリフレッシュできます。

 

◆こんな方におすすめ!
とにかく費用を安く抑えたい方、会話中心のカリキュラムをご希望の方、セブ中心部で楽しい留学生活を送りたい方

CIA

CIA students

 

CIAは2003年設立の韓国人経営のセミスパルタ校で、信頼できる老舗校です。
セブシティの中心地区、ASフォーチュナーストリートという多国籍なレストランが多く立ち並ぶ通りにあり、J-Center mall まで徒歩5分のエリアにあり、毎日の生活がとても便利です。

 

CIAの大きな魅力は、バランスの取れた国籍比率です。生徒様の国籍が偏り過ぎないよう、韓国人(35%)、日本人(30%)、台湾人(20%)、ベトナム(10%)、その他(5%)程度にコントロールされています。

 

英語の4技能をバランス良く伸ばせる【ESLコース】のほか、TOEICやIELTSの試験対策コースにも自信を持っています。
マンツーマン授業では、必要な部分にポイントを当てた授業が可能で、基礎実力を最大限に引き上げます。
毎朝の単語テストやエッセイライティング、EOP(母国語禁止ルール)で、しっかり実力を付けられる学校です!

HOWDY

HOWDYは2014年設立の日本人経営の学校です。
元フレンチチェフの日本人が作る美味しいお食事は、セブのみならず、フィリピンの語学学校の中でもナンバーワンと言われています!

 

レッスンは、1日9コマのマンツーマン授業を受けるコースから、半日のみのコースまであり、「しっかり勉強」も「ゆったり勉強」も叶います。
親子留学にも対応しており、3歳のお子様からレッスンのご受講が可能です。

 

比較的新しい学校ですので設備が新しいのはもちろんですが、ベッドの下にスーツケースが置けるなど、使い勝手の良い設計も魅力です。
学校の隣にはショッピングモールがあり、立地の便利さも魅力です。

BRILLIANT CEBU

Brilliant Cebuでは生徒様の定員を30名に絞り、授業の質、設備の質、お食事に至るまで「日本人目線での学校づくり」を徹底しています。

日本企業からの英語研修の受け入れ実績も豊富です。

 

滞在するお部屋は高級コンドミニアムで、同じビルの中にレッスン室、コンドミニアム、ジム、レストランが揃うため、安全で快適な留学生活が送れます。
セブのマンダウエ地区に位置しており、屋上からはセブの市街地や海が360度見渡せて爽快です!

 

講師の質を保つため、Brilliant Cebuでは講師全員を年間を通じて雇用しています。

さらに採用の条件として、講師歴が最低1年以上あること、TOEICスコア950以上、TESOL(国際英語教授資格)を持つものなど厳しい基準を設けています。

C2 Ubec English Academy

フィリピン留学 C2

C2は日本人経営の学校には珍しい「セミスパルタ」の学校です。

学校の最大の特徴は、土日も含めて毎晩10時~実施される30分間の単語テストです。

 

このテストは1日50問ずつの積み上げ方式になっています。毎日の単語テストによって語彙を確実に増やし、ひいては英語力全体の底上げにもつながっていきます。

 

C2のESL(一般英語)コースはマンツーマンのコマ数が1日5、6、8、10コマから選べるようになっており、マンツーマン授業で何を学ぶかはそれぞれの生徒様のご希望に沿ってカスタマイズが可能です。
また、毎週土曜日には希望者を対象とした45分のグループ授業を3コマ提供しているため、貴重な留学期間を有効に使えます。

日本人経営の学校ですが、日本人の他には台湾、韓国、ベトナム、アラブなど多彩な国籍の生徒が学んでいる点もこの学校の魅力の一つです!

Cebu English Academy

CEAは、セブ市内にある日本人経営の「セミスパルタ校」です。
イギリス発祥の「カランメソッド」と毎日2時間の義務自習によって、英語初心者の方でも比較的短期間で英語力が向上するようご指導します。

授業においてはスピーキング、リスニングを重視しており、学生に多くの発言ができるように講師へ指導しております。
コースは一般英語や試験対策のほか、旅先で最低限必要な英語表現を学ぶ【サバイバルイングリッシュ】コースもございます。
また、CEAでは「EOP(英語だけで話す取り組み)」を採用しているため、授業だけでなく、私生活でも英語を使うことにより最短で英語力のアップを図れるのも魅力です!

 

内部寮プランだけではなく、希望者はフィリピン人講師の家にホームステイ体験もできる貴重な学校です!

CAEA

Cebu American English Academy(カエア)はセブの市街地にあるホテルタイプの日本人経営の学校です。

学生定員20名の超小規模校ならではのきめ細かい対応と、日本食のお食事、快適な設備で社会人やシニア層に人気です。

 

CAEAではグループ授業はなく、すべてのコースがマンツーマン授業のみで構成されています。「英語の上達、習得には復習するための時間が欠かせない」という考えのもと、CAEAでは4週間以上留学する方には多すぎず少なすぎない「1日6コマのマンツーマン授業」を推奨しています。

 

ホテルタイプの語学学校は他にもありますが、CAEAはフィリピンの語学学校では唯一日本食レストランを併設しています。また、あらかじめ決められたお食事が出されるのではなく、メニューの中から毎回お好きなものを選べるのが他校にはない大きなメリットです!
また、インターネットについては学校、お部屋など全ての場所で高速Wi-Fiが利用できるため、ビジネスマンにおすすめの学校です!

CEBU JIC

CEBU JICは2002年開校の韓国人経営の学校です。セブの市街地にあり、アヤラモールやSMモールにも近い便利な立地が魅力です!

 

カリキュラムは1日8~9時間の充実のセミスパルタ式授業を採用しており、ネイティブの講師も1人在籍しています。
オーダーメード式マンツーマンで、生徒様は自分の勉強したい科目(リスニング、リーディング、文法、スピーキング、ライティング)を選ぶことができます。

例えば、1日に4時間のマンツーマンがあるコースの場合、4時間すべての授業をスピーキングをしたいなども可能です。英語初心者向けの【スーパーベーシックESLコース】から、ビジネス、TOEIC、ジュニアコースまで対応しています。

 

◆こんな方におすすめ!
市街地の便利な立地の学校をご希望の方、英語の4技能をバランスよく学ぶよりは、自分の勉強したいことに焦点を当てたい!という方におすすめの学校です。

CEBU STUDY

CEBU STUDYはセブシティの中心部に位置する、「全室が1人部屋」の韓国人経営の学校です。
大型ショッピングモールのアヤラモール、SMモールへのアクセスも良く、生活に便利な立地です。

 

学習面においても、決まりきったカリキュラムを当てはめるのではなく、生徒様の目的やご要望、英語レベルに沿ったカスタマイズが可能です。

ESL(一般英語)はもちろんのこと、TOEICやIELTSなどの試験にも対応しています。
CEBU STUDYの寮は全室個室でありながら、リーズナブルな料金設定が魅力で、ご自分のペースを崩さずにマイペースで勉強に集中できる環境が人気です。

生徒は主に韓国人であるため、英語を話す機会が多く持てます!

 

◆こんな方におすすめ!
費用は抑えたいけれど、1人部屋の希望は譲れない…という方におすすめします!

CEGA

CEGAは、2012年に設立されたセブの中心地にある日本人経営の学校です。
ブライテック大学付属の語学学校のため、大学の英語授業に出席できるなど、現地学生とも相互交流しやすい環境です。

 

CEGAはフィリピンで唯一のDMEメソッド採用校です。
DMEメソッドは「リスニング」「スピーキング」の2技能にフォーカスしたもので、「聞いて話す」という言葉のキャッチボール講師と繰り返すことにより、英語を頭で理解しようとするクセが少しづつ取れてゆき、やがては無意識に英語で反応できるようになっていくという学習法です。

 

CEGAは日本人経営の学校ですので、日本人スタッフによるカウンセリング、日本人向けの食事など、きめ細かい配慮もうれしいポイントです!

CELLA

cella building
CELLA(Cebu English Language Learning Academy)は、2006年セブシティに開校した韓国人経営の学校です。
韓国人経営のため、日本人率は低めで、多国籍の生徒が学習している点が魅力です。

 

ESL(一般英語)だけではなく、TOEIC対策やワーキングホリデー準備対策のコースも揃えています。

ネイティブスピーカーの講師によるグループ授業も人気です!

 

寮のお部屋はコンドミニアムタイプで、とても広々としています。

完成したばかりの校舎は同じ敷地内にあり、おしゃれなコーヒーショップもその中にあるので門限をすぎても使えてとても便利です。

 

校内にはジムやサウナがありますので、運動不足が心配な方も充実の留学生活が送れます。

親子留学にもおすすめの学校です!

CPI

CPIはセブにある韓国人経営の老舗校、PELISの第三キャンパスです。
スパルタの校風で平日が外出禁止となっているため、厳しい環境に身を置きたい方におすすめの学校です。

新しいキャンパスは2015年新築で、南国リゾートをコンセプトに掲げています。

ホテルのように居心地よく快適に生活できる環境で、オリンピック規格のプールもございます!

 

CPIはスパルタ校ですので月曜~木曜までは外出禁止です。

しかし放課後はズンバクラス、ギタークラス、水泳クラスなどの多彩やオプションクラスが用意されており、勉強漬けのバリバリのスパルタではなく、のびのびとした環境の自由度の高い新しいスパルタスタイルです。

 

カリキュラム面ではスピーキングを重視している点が特徴です。
CPIでは試験対策にも力を入れており、IELTS、TOEIC、TOEFLテストの試験対策コースがございます。一般英語よりさらに上のレベルを目指す方にも、おすすめの学校です!

CPILS

CPILSは2001年に開校した、セブで最も古い歴史を持つ語学学校の一つです。
学生定員が最大で500名の大規模校で、設備は古めですがスイミングプール・スポーツジム・カフェテリア・食堂・図書館などの施設も充実しています。

レベル分けは、初級~上級までの18段階に細かく分けられているため、それぞれの生徒様の英語レベルに合った授業の提供が可能です。
コースもGeneral ESL、スパルタ、TOEIC、TOEFL、IELTS、TESOL、ビジネスコース等、目的に沿った受講が可能です。

 

また、講師の質も高く、大学卒業の資格がある方を採用基準としております。

ガーディアン制度を設けている為、高校生2年生までの未成年者は授業以外の時間は、フィリピン人講師が保護者として一緒に滞在します。

CROSS×ROAD

CROSS×ROAD(クロスロード)は2013年に開校した、日本人経営の学校です。
「旅人のための学校」をテーマに掲げ、「世界一周」「ワーホリ」「海外キャリア」に特化した専門コースがございます。

世界一周前の学生さんが多く在籍していますので、世界一周前の仲間を作ることが出来るのも魅力です。

 

閑静な高級住宅地の中にあり、定員は約40名の小規模校です。

ゲストハウスのような宿泊施設に泊まり、1Fスペースで授業等をおこないます。

入学後すぐに新入生のお一人お一人と面談を行い、完全オーダーメイドのカリキュラムを作成します。食事のおいしさも魅力です!

 

◆こんな方におすすめ!
世界一周旅行やワーホリに行く方、アットホームな雰囲気を求める方におすすめします。

ELSA

フィリピン留学 ELSA

ELSAはフィリピン・セブ島のコンポステーラにある韓国人経営の英語学校です。

 

ELSAの敷地はなんと5ヘクタール!
ビーチまで徒歩4分の好立地で、緑あふれる遊歩道や大きなプール、スポーツ施設、ジョギングコースまで揃っています。

毎日の生活の中で自然を身近に感じながら、南国らしいゆったりとした環境で英語の勉強に励むことができます。

 

学習面では通常のESLコースのほかに、超ビギナーも安心の「Super Basic ESLコース」があるのも安心できるポイントです。

一般英語以外に、ビジネス英語、TOEICやIELTSの試験対策まで、幅広いコースがございます。

 

また、ELSAでは親子留学にも力を入れています。

お子様向けのプログラムは、3~6歳を対象とした【Kindergarten Program】と、8歳~14歳までが対象のJunior Programの2つに分かれています。

親子留学にも最適の学校ですよ!

English Fella1

f9185642a4f951d8d32bf592060536f1-1-1024x512

 

English Fella1はセブシティの郊外に位置する韓国人経営の学校です。

セブの繁華街から少し距離があるため、誘惑が少なく勉強に集中しやすい環境です。

 

学校の近所にはスーパーやレストラン、マッサージショップなどの、生活に必要なお店が揃っています。

 

スパルタのFella2とは違い、Fella1では平日の外出も自由です。

ほどほどに厳しい環境を望む方は、水金土日の4回だけ外出できる日本人向けのシステム「Jスパルタ」も選択できます。
授業は講師がそれぞれの得意科目を教える「科目専任制」であることも、安心できるポイントです!

English Fella2

English Fella2は、スパルタ式のキャンパスです。

平日は外出禁止で、毎週土曜日にも午前中のみ授業があります。

 

土曜日の午後と日曜日は外出可能ですが、日曜日については翌日の授業に支障が出ないよう、門限は夕方の6時40分に設定されています。

 

ストイックな環境でしっかり英語力をつけたい方におすすめです。

 

なお、日本人向けに「水・金・土日」の週4日外出できるセミスパルタの【Jスパルタコース】もお選びいただけます。

Fella1と同様に「科目専任制」を採用しています。

スピーキング、リスニング、リーディング、文法、発音など、講師は自分が得意とする専門分野だけをを教えるスペシャリストですので、安心です。

EV ACADEMY

ev academy building

2004年に開校して以来、バリバリのスパルタ校として、ストイックな環境を求める留学生の間で根強い人気を誇ってきたEV ACADEMYが、2017年秋にピカピカの新築キャンパスに移転しました!
「スパルタ」でありながら、セブの語学学校の中で最も新しくスタイリッシュな設備を備えてますます魅力が増しました。

 

毎朝6時の点呼の後は、朝7時~始まる50問の「口述式」の単語テストがあり、授業が終わったあとには19時~は口述式の「50問文章テスト」、さらには夜10時までは義務自習の時間があるため、甘えが許されません。
そこまでのスパルタはちょっと…という方のために、2017年秋からは「セミスパルタ」も選べるようになりました。

 

ESL(一般英語)コースの他にはTOEIC、TOEFL、IELTSの試験対策コース、さらには具体的な目的に沿ったビジネス英語の習得を目指す方のための「ESPコース」もございます。

HLCA

『HAPPY LIFE CEBU ACADEMY』は、医療英語に特化した語学学校です。

 

【医療英語コース】は、 医師や歯科医師として働く方々があらかじめ持っている医療の知識を活かして、患者さんや職場の人とのコミュニケーションを英語を使ってできることを目的としたカリキュラムを準備しています。
その他海外での専門医試験対策や学会発表練習と一人ひとりのニーズに合わせて授業が行われます。

学校はセブ島でも便利で安全なI.T. Parkのビル内にあり、衛生面や食事、住環境が気になるという方に向けて、フィリピン留学の中では最高レベルの住環境を準備している学校です。

 

また、実際現地の病院への見学実習やナーシングホームへの訪問ができる等、他国の医療環境に触れる機会は医療職者として価値ある経験となるでしょう。

IDEA CEBU

IDEA CEBUは日本資本の学校では珍しい、セミスパルタの英語学校です。

 

毎朝単語テストを実施し、パスできないとその日の外出はできません。

 

平日に外出できる時間帯は17:00~20:00までと厳しく管理されており、英語学習に集中しやすい環境です。

土曜日と祝前日は23:00(日曜・祝日は21:00)まで外出できますので、オン・オフをしっかり区別したメリハリのある留学生活が叶います。

 

自己管理が苦手な方や、英語学習に集中したい方、高校生にもお勧めです!
人気のACTクラスでは、英語でヨガやズンバを学び、楽しみながら英語を馴染むことができますよ。

 

平日の門限は夜8時と早いですが、学校から徒歩5分の場所に巨大ショッピングモールのSMモールがありますので、外食やショッピングなどに非常に便利です。

IDEA ACADEMIA

フィリピン留学 IDEA ACADEMIA

 

IDEA ACADEMIAは、IDEA CEBUのセカンドキャンパスとして2015年にオープンした、日本人経営の語学学校です。

セミスパルタのIDEA CEBUとは異なり、ACADEMIAは比較的自由な校風です。
学校はセブシティの中心地マボロのITビルの最上階16階にあり、立地も大変便利です!滞在先は通常の学生寮とホテル寮から選択することが出来ます。

授業では、独自に開発した【PREP法】で論理的に会話を展開する力を養い、【アクティブリスニング】では会話のキャッチボールを円滑にする為のテクニックを学ぶことで、英語での表現力を最大限に広げます。
ビジネスコースでは、ビジネス初級者向けの【ESL+BUSINESS】コース以外に、4週完結のプレゼンテーション特化型の授業も行っており、海外就職に備えるカリキュラムを提供しています。

QQ English ITパーク校

 

QQ EnglishITパーク校は、セブの中でも外資系企業が集まる経済開発区、ITparkのビル「Skyrise4」内にございます。
「Skyrise4」ビルの7階~10階がQQイングリッシュ・ITパーク校となっています。

周辺には数多くのレストランを始めコンビニエンスストア、マッサージショップもあり、大変便利な立地です。

 

QQEnglishのカリキュラムは、それぞれ授業時間数が異なるライトプラン、スタンダードプラン、スペリアプランの3つからお好みのプランを選びます。

 

マンツーマン授業の科目は、豊富な選択肢の中から自由に選ぶことができます。

レッスン内容はスピーキングに重点を置いており、イギリス発祥の学習法、カランメソッドを取り入れているのが特徴的です。

 

◆こんな方におすすめ!
セブ市内の便利な立地の学校をご希望の方、カランメソッドで学習してみたい方、自由な校風を望む方

SMEAG キャピタルキャンパス

SMEAGキャピタル校は、SMEAGの3番目のキャンパスとして2012年に開校した学校です。

 

キャピタルキャンパスは、セブ市の州政府庁舎(キャピタル)からタクシーで約3分の所に位置し、徒歩圏内はショッピングモールがあります。

 

基本的には自由な校風で平日の外出も可能ですが、入学して最初の4週間は、早朝6時40分に始まる「モーニングスパルタ」と夜のスパルタ授業の受講が義務付けられています。

生徒の自主性・興味を合わせられるような自由参加可能なスペシャルクラスがあります。

 

TOEICの公式試験会場にもなっており、TOEIC試験対策コースには定評があります。

毎週土曜日の午前中には、本番と同じ環境ででTOEICの模擬試験が受験できます。
ESL(一般英語)の他にもTOEFL対策コース、ビジネス英語コースなど、幅広いコースがあるのが魅力です。

 

TOEFL対策コースのある学校は貴重ですよ!

SMEAG スパルタキャンパス

フィリピン留学 SMEAGスパルタキャンパス

 

SMEAGスパルタキャンパスは、CAMBRIDGE英検の公式試験会場にもなっており、ESLコースおよびCAMBRIDGE英検の試験対策コースを受講できます。

 

スパルタキャンパスは、2017年に新築の校舎に移転しました。

現在のスパルタ校は、セブの中心地であるマボロ地区にあります。

大型ショッピングモールのアヤラモール、SMモールからも近く便利な立地です。

 

SMEAGスパルタ校は、その名のとおり厳しい校風が特徴の学校です。

 

月曜~木曜日までは外出禁止で、EOP(英語だけで話す取り組み)実施校でもあるため、短期間で効率よく英語力をつけることができます。

授業は毎朝7時開始のモーニングスパルタから夜のCAMBRIDGE PRACTICEテストまで、1日あたり約11時間もございます。

 

◆こんな方におすすめ!
英語の基礎から学びたい方、厳しい環境で強制的に英語漬けになりたい方、CAMBRIDGE英検の受験を考えている方におすすめの学校です!

SMEAG クラシックキャンパス

SMEAGクラシックキャンパスではIELTS(アイエルツ)の試験対策に非常に力を入れており、公式試験会場にもなっています。

 

特に、イギリスやオーストラリアに留学や永住を希望する場合などに、IELTSのスコアを求められますが、最近は日本国内においても、教育改革の影響により国内の大学入試でIELTSのスコアが考慮される動きが出てきています。

 

IELTSの主催団体であるブリティッシュカウンシルの公式試験官が、3か月に一度SMEAGのクラシックキャンパスを訪れて、セミナーを実施し講師を直接指導しています。

IELTSのスコアアップで確かな実績を誇る学校です!

 

クラシックキャンパスでは、IELTSコースのほかに一般英語のESLコースも受講できます。

ESL(一般英語)コースはCAMBRIDGE英検をベースに組み立てられていて、読む、書く、聞く、話すの4つの基礎能力をバランスよく向上させることができます。

 

本気でIELTSの目標スコア獲得を望む方は、SMEAGクラシックキャンパスにぜひお越しください!

バギオの学校

バギオはフィリピン北部にある都市で、首都のマニラから車で6~7時間の距離にあります。
標高は約1,400mで年間の平均気温は18~20℃と涼しく、日本の秋のような過ごしやすい気候が特徴で「フィリピンの軽井沢」と称されます。
また、バギオはフィリピンの中でも最も治安の良い地域の一つです。6つの総合大学がある「教育都市」としても有名ですので、落ち着いて勉強したい人には理想的な環境です。
フィリピン留学発祥の地でもあり、信頼できる老舗校が揃っています!

BECI

 

BECI(ベシ)はフィリピン北部のバギオにある韓国人経営の学校で、2003年に創立されました。
男女共学のメインキャンパスの他に、女性専用キャンパスのBECI the Caféも新たにオープンしました。

 

BECIの名物はなんといってもSP(Speaking Prescription=スピーキングの処方箋)と呼ばれる独自のスピーキングテストです。

BECIでは入学時のレベルテストのうち、スピーキングの様子を録画します。

 

その後、撮影した動画をもとにSP専門の講師が一語一句もらさずに全て文章に書き起こし、文法や言い回しが適切かどうかや、発音、アクセント、イントネーション、語彙、内容の正確さ、聞き手の理解度に至るまで細かくチェックして、9段階の評価で学生の英語レベルを判定します。

 

キャンパスやラウンジもおしゃれで、ファーストイングリッシュのお客様の間でも大変人気のある学校です。
基本的には「セミスパルタ」の学校ですが、【スパルタESLコース】を選択した場合、1日の授業数はなんと11時間!

選択するコースによってセミスパルタにもスパルタにもなり得る学校です。

Baguio JIC

バギオJICは2006年に創立された韓国人経営の学校です。タイプの異なる2つのキャンパスがあるのが特徴です。

 

Intensive Basicキャンパスは、「月~金まで外出禁止」「強制自習あり」など、厳しい校風の初級者向けキャンパスです。
入学時には9割が「ビギナーレベル」ですが、8週間後には7割以上が「インターメディエイト(中級)」レベルに成長しています!
一方、Power Speakingキャンパスは比較的自由な校風で、目的に合わせた多彩なコースがございます。

 

IELTSの試験対策にも力を入れており、IELTSコースはマンツーマン授業が6コマを占めているため、個人の苦手分野に沿った授業が可能です。

費用も他の学校と比べてとても安く、マンツーマンレッスンもたくさん受講することができます。
なるべく費用を抑えてとにかく勉強したい!という方にぴったりの語学学校です。

MONOL

フィリピン留学 monol

 

Monol(モノ−ル)は2003年に設立された韓国人経営の学校です。

 

長年蓄積してきた教育ノウハウと学生のニーズを土台に、「復習・反復学習重視型」の方針に沿った独自の教材・カリキュラム・教育方法を採用している点が他校と大きく異なります。

 

具体的には、例えばその日のリーディングの授業で新しく出てきた単語や重要表現が、同じ日のスピーキングやリスニングのテキストでも繰り返し使用されています。

これにより、同じ単語や表現に何度も出会うことになり、一度習っただけでは忘れがちな学習内容を確実に定着させ、翌日の授業で実際に使える力を養います。

 

学生の生活の質を高めるために、外出しなくても不便を感じずにすむよう校内にはATMが設置されているほか、男女別のサウナやジム、ビリヤード台などの施設が整っており、設備の充実ぶりはバギオの語学学校でナンバーワンです。
学生から授業・生活の両面で高い支持を得ている学校です!

A&J

A&J e-EduDC Academyは、定員55名のアットホームな小規模校です。

 

宿泊施設内にアメリカ出身の副校長が24時間滞在しているため、授業以外でもネイティブスピーカーと時間を共有し、実践的に英語を使う訓練ができることが最大のポイントです。
ネイティブ講師とのマンツーマン授業1コマを含む「Native ESLコース」もございます!

 

A&Jで一番特徴的なコースは【ワーキングホリデー準備コース】です。
このコースでは、実用的・実用的なホスピタリティ英語(接客英語)を習得できます。ロールプレイ、履歴書(レジュメ)作成、面接対策に加え、バギオにある実際のレストランカフェでのOJT(実務職業訓練)は、40時間にも及びます!

 

A&Jは韓国資本ながら、日本人サポートに力を入れております。
日本人の名物マネージャー、ジョセフによる放課後の初心者向け無料クラス(文法、音読)を実施しており、英語初心者の方も安心してお越しいただけます。

PINES 新メインキャンパス

フィリピン留学 PINESメインキャンパス

 

PINESは2001年でバギオの学校の中でも歴史が古く、老舗的な存在です。
英語レベルによりキャンパスが2段階に分かれているのが大きな特徴で、講師の質にも定評がある信頼できる学校です。

 

これまで【クイサンキャンパス】の名称で親しまれていた初級者向けキャンパスが、この度移転・新築して2018年4月に【新メインキャンパス】として生まれ変わりました!
PINESは本来スパルタの校風のため、月~金曜の夜は外出禁止ですが、新メインキャンパスでは「スパルタ」「セミスパルタ」を選べるようになりました。
「セミスパルタ」を選択した場合、月~金の平日のうち、週に2回だけ外出可能(18~22時まで)です。

 

◆こんな方におすすめ!
講師の質を最も重視する方、スパルタの校風でしっかり勉強したい方、設備が新しく綺麗な学校がよい方

PINES チャピスキャンパス

PINESは2001年でバギオの学校の中でも歴史が古く、老舗的な存在です。
講師の質にも定評がある信頼できる学校です。

 

チャピスキャンパスは、2013年に創設された上級者専用のキャンパスです。

チャピスキャンパスには、日本でSkypeを通じて行う入学テストに合格した方のみ入学することができます。
EOP(English Only Policy=母国語禁止ルール)を規則で厳しく徹底しており、日本人同士でも英語を使うことでまさに英語漬けの生活が叶います。

 

初級者向けのキャンパスで留学をスタートした場合も、英語レベルの伸びに応じてチャピスキャンパスに転校が可能です。
2週間に1度、キャンパス転校のためのチャンス(ステップアップテスト受験)があります。

WALES

フィリピン留学 WALES

 

WALES(ウェールズ)は2006年創立の韓国人経営の学校で、バギオの中心地にあります。

徒歩5分圏内にレストラン、コンビニ、ATM、ドラッグストアまである便利な立地です。
定員50名の小規模校で生徒様の平均年齢も若すぎないため、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができます。

生徒様の国籍もバランスが取れているため、自由な校風でありながら自然に英語を使える環境も魅力です。

 

コースに関しては、ESLコースのほかに、TOEICやIELTSの試験対策、【海外就職・ワーキングホリデー準備コース】、【ファミリーコース】まであり、幅広いニーズに応えています。
小規模校ならではのきめ細かいサポートも、WALESの魅力です。

入学の登録をなさった方には、ご渡航前に学校スタッフが直接お電話させていただき、留学生活・勉強方法についてのご相談や、学習プログラムのアレンジなどを行っております。

 

設備面での魅力も大きく、校舎と一体型の寮はアパートメントのようです。

色々あるお部屋タイプの中でも「レディースプレミアム」は女性の為だけに作られた贅沢なシェアハウスです!アラサー女子に特におすすめの学校です!

TALK 新Yangcoセンター

TALK Academyは、フィリピンで初めてTOEICコースを開設したTOEIC対策コースで有名な学校です。

 

これまでは、Yangco(ヤンコ)センターとENE(イーエヌイー)センターの2つのキャンパスに分かれていましたが、2018年10月に統合してTALK 新Yangcoセンターとして生まれ変わりました。

 

月曜~金曜日まで毎日行われる50分間に及ぶ単語テストはTALK名物です。

試験対策コースの生徒様は必然的に「スパルタ」のスケジュールになりますが、ESLコースの場合は「スパルタ」or「セミスパルタ」を選択可能です。

授業の後に無料の単語テストとナイトクラスがあり、これらを希望すれば月曜日~木曜日まで外出禁止の「スパルタ」、希望しなければ「セミスパルタ」となります。

 

ESL(一般英語)に特化したYangcoセンターと、TOEIC対策に力を入れているENEセンターのそれぞれの強みを引き継いだ、ESLとTOEICのどちらにも強い【TALK 新Yangcoセンター】にご期待下さい!

HELP ロンロン校

フィリピン留学 HELPロンロンキャンパス

 

HELPロンロン校は、1996年に開校した老舗校HELPの初級者向けスパルタキャンパスです。人里離れた山の上にございます。

 

スパルタ校だけあって、月~金曜日までは外出禁止、母国語の使用禁止の校則があります。

TOEIC、TOEFL、IELTSの試験対策コースは英語初級者でも無理なく入っていけるよう、初級者向けにアレンジしてあります。
HELPの授業では、授業中に学生が間違えた箇所を記入する「プログレスノート」を採用しています。
プログレスノートは1つの科目につき1冊あり、授業が始まったら生徒は講師にノートを渡して、講師がメモを取ります。そのため、生徒は書くことに時間を取られることなく、授業に集中できます。

 

HELPには合計3つのキャンパスがありキャンパス間での転校も可能なため、まずはロンロンキャンパスで英語力をつけて、自信がついたら上級者向けのマーティンスキャンパスの入学試験を受けて転校するのもよいですね!

HELP マーティンス校

1996年設立のHELPはバギオのみならず、フィリピンにある語学学校の中で最も長い歴史を持つ老舗校です。

 

マーティンス校は、HELPの3つのキャンパスのうち唯一「英語上級者」に特化していて、日本で行われる入学試験に合格した方だけが入学できます。

スパルタ式の校則で、EOP(母国語禁止ルール)はもちろん、月曜日~金曜日は外出禁止です。

土曜日は24:00・日曜日は18:00までに帰宅する必要があり、毎週日曜日の夜は試験もございます。
ESL(一般英語)コースを始め、TOEFLやIELTSの試験対策にも自信を持っている学校で、IELTSの公式試験会場にもなっています!

試験対策コースにはベテランの講師を重点的に配置しております。

 

◆こんな方におすすめ!
学習意欲も英語レベルも高い、「英語上級者」だけが集まる環境で勉強したい方、IELTSなどの試験のスコアアップを目指す方

A+(エープラス)アドバンス語学学校

A+(エープラス)アドバンス語学学校は、フィリピンの教育都市バギオに2006年に開校した定員160名の中規模校です。

 

フィリピンに留学する日本人学生のうち約30%が英語初級レベルいう調査結果をふまえ、英語初級レベルの学生専門の「超初心者クラス」を開設し、数多くの初級レベルの学生様のサポートをしてまいりました。
校内では英語だけで話す母国語禁止の取り組み(EOP)を実施しており、さらに平日の外出も校則で禁止することで、英語の学習に集中しやすい環境づくりに努めています。

日本人学生の割合も15%までに制限しています。
【講師選択制度】も設けており、生徒様がご希望の講師をリクエストすることが可能です。生徒様にはありがたい制度ですね!

クラークの学校

クラークは、フィリピンの首都マニラから北へ約90km(車で2~3時間)の位置にございます。
以前アメリカの空軍基地がクラークにあった影響で、現在でもアメリカ人の居住率が高く、どこの語学学校でもネイティブ講師の授業が受けられます!
現在クラークは経済特区に指定され、フィリピンの中で最も欧米の雰囲気が感じられる場所として知られています。

ゴルフ好きの方にも人気のエリアです。

EG ACADEMY

EG ACADEMY bulding

 

【英語+ゴルフコース】はEG Academyならではのプログラムで、人気を集めています。

 

ESL(一般英語)を始め、TOEIC、TOEFL、IELTSの試験対策コースやビジネス英語まで、幅広い分野を教えることのできる優秀な講師陣が揃っています。

ESLコースをはじめとする殆どのコースにネイティブ講師の授業が含まれていて、すべてのレッスンをネイティブ講師が教える【NATIVE ESLコース】もございます。

 

授業面、設備面、立地の良さ、お食事など総合力の高さで人気の学校です。

芝生に囲まれた広々とした敷地にはスイミングプールがあり、敷地内にはゴルフ練習場まであります!

クラークフィリピン留学院

クラークフィリピン留学院は、クラークでは珍しい日本人経営の学校です。

 

クラークフィリピン留学院のおすすめポイントは、何と言っても「講師陣が全員、欧米出身のネイティブ」であることです!
様々なバックグラウンドをもつ高学歴のネイティブ講師を揃えており、継続して授業を受けることで、欧米人を目の前にしても憶することなく対等にコミュニケートできる英語力と度胸をつけることができます。

 

クラークフィリピン留学院は日本人経営のため、設備面、お食事のメニューと味付け、衛生管理にも気を配っています。

滞在先はホテルですので、快適にお過ごしいただけます。

学校に日本人のスタッフ(社員)が常駐している点も心強いですね!

 

【大人のための学校】を掲げており、外出制限や門限はなく、滞在先のお部屋でお酒も自由に楽しむことができます。

マニラの学校

北部のルソン島にあるマニラは、フィリピンの首都です。
街には超高層ビルとともに、フィリピンらしい下町の風情や、スペインの植民地時代の建物も混在しています。
高級ホテルやショッピングスポットも充実している、活気あふれるエリアです!

PICO フィリピン英会話研修センター

 

PICO(ピコ)はフィリピンの首都マニラの新興ビジネスエリア、Alabang(アラバン)にある日本人経営の学校です。

 

アラバンは、日本企業も多く進出しているクリーンで洗練されたエリアで、安心して勉強に打ち込むことができる環境です。
生徒様が滞在するお部屋はコンドミニアム、ホテルから選択でき、合計4つの選択肢がございます。

 

PICOは教育方針として「生徒様の目標をきちんと理解し、それに向けた実践的教育を提供すること」を掲げています。
ご渡航前にSkypeを通じて入学前の生徒様にインタビューを実施し、生徒様のご要望に沿ったカリキュラムを準備したうえでマンツーマン中心の授業を行います。

土曜日にも授業が受けられるコースがあるのも魅力です!

イロイロの学校

パナイ島・イロイロ市の人口は、約40万人。フィリピンで9番目に人口が多い都市です。
イロイロ市は、フィリピンの最高学府であるフィリピン大学を始めとする、約40校もの大学や専門学校がひしめく学園都市です。

まさに「学業にふさわしく、学生にやさしい街」と言えます!

MK EDUCATION

MK EDUCATION building

 

MK EDUCATIONならではのおすすめポイントは、日曜日以外にも入学できる点と、大学での講義を受講できる点です。

大学受講オプションには、ESLコース、TESOLコース、CPU(セントラルフィリピン大学)入学保証コースの3種類がございます。

 

【CPU大学入学保証コース】は、CPUへの入学を目的とした6か月間の入学準備コースです。

プログラム終了後には、CPUの入学試験を受けることができますよ!海外の大学で学びたい方は、ぜひチャレンジして下さい。

 

MK EDUCATIONでは、生徒様のご希望を尊重したカリキュラム作りに努めています。

日本で事前にインタビューを実施して、現在の英語力とこれからの目標をヒアリングしたうえで、その目標を達成するための学習計画を作っていきます。

 

固定されたカリキュラムを当てはめるのではなく、柔軟に対応してくれる点がうれしいですね!

ダバオの学校

ダバオ市は、フィリピンの南端に位置するミンダナオ島にございます。

ダバオ市の人口は約300万人で、フィリピンで4番目に人口が多い都市です。
ダバオ市は、フィリピンでありながら台風の通り道になることがほとんどなく、非常に過ごしやすい地域です。

ドゥテルテ大統領の出身地としても知られているクリーンで安全な街です!

E&G

E&G Buliding-2

 

E&Gは、フィリピン南部のダバオという都市にある韓国人経営の学校です。

 

スパルタの校風で、1日8時間の授業と3時間の強制自習により合計11時間の学習時間を確保しています。

外出、外泊も徹底的に管理しますので、留学生の親御様にとっても安心できる学校です。

 

E&Gでは、「英語の4技能のうち、生徒様の苦手分野の克服に力を入れることで、4技能のバランスの偏りを修正する」ことを重視しています。
入学時のレベルチェックテストの結果により、それぞれの生徒様における英語の4技能のアンバランスな部分を正確に把握し、生徒様の英語の弱点を集中的に攻略できるようカリキュラムを組みます。
個人のレベルに合わせてマンツーマン授業の内容をカスタマイズすることで、それぞれの生徒様に最適なクラスを提供し、技能のバランスの偏りを修正していけるようにカリキュラムが設計されています。

 

学校は海のすぐそばの立地と、2014年に新築・リノベーションした寮の綺麗なお部屋も魅力のひとつです。

バコロドの学校

バコロド市は、フィリピンの中で4番目に大きいネグロス島にある都市です。
毎年10月にはマスカラ祭りが開催されており、「微笑みの街」という呼び名で知られています。
外国人にも大変好意的な土地ですが、今のところ日本人が少ないのも留学生にとっては魅力のひとつです。

LSLC

LSLC BUILDING

 

LSLCの魅力は、なんといっても現地の大学生と「楽しく、安全に」交流できる点です。

 

サンアグスティン大学付属の英語学校ですので、大学内の図書館等を利用できるほか、同大学の学生たちとも交流できます。
アクティビティにも力を入れており、現地のフィリピン人に日本語や日本について教える【日本語ボランティアプログラム】や、ラサール大学生と一緒に小単位のグループを作り半日行動を共にする【バディプログラム】(※年に4回開催)などがございます。

 

授業面では、講師の【科目専任制】をとっているのが特徴です。
LSLCではそれぞれの講師の特性を生かし、特定の科目におけるエキスパートに育てることにより、より満足度の高い授業を提供しています!

まとめ

以上フィリピン留学で留学が出来る、英語学校50校です!

いかがでしょうか。

学校・エリアごとに特色がございますよね。

 

また、こちらに載っていない学校もまだまだたくさんございます。

学校選びにお悩みの方は、まずは一度お問合せくださいませ!