TOEFL対策におススメの学校の学校一覧

  • 担当者

    CIPがあるクラークは、意外と知られていませんが直行便が運航しており、アクセスしやすい地域です。 大きいショッピングモール、映画館等もあり、生活するのも便利な地域です。

    学校概要

    CIPはクラークにある、韓国人経営の語学学校です。 CIPの一番のポイントは、ネイティブ講師が多く在籍しており、ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンも受講可能(最大4コマ)です。 また、バラエティに富んだ国籍の仲間と異文化交流もでき、充実した留学生活が送れること間違いなしです。


  • 担当者

    PINESは受講コースよりキャンパスが分かれているのが特徴で、2013年に創立されたチャピステストキャンパスは、「試験対策コース」専用のキャンパスです。
    試験のスコアアップという共通の目的を持った生徒様の集まるキャンパスで、さらなるレベルアップを図りましょう!

    学校概要

    PINES INTERNATIONAL ACADEMYは、2001年に創立された韓国人経営の学校です。教育都市として知られるフィリピン北部の都市、バギオの老舗校です。
    「新メインキャンパス」がESL(一般英語)コース受講者を対象にしているのに対して、チャピステストキャンパスは試験対策コースに特化しています。
    なかでもIELTSコースには特に力を入れていて、IELTS点数保証コースは「8週間」から申し込み可能です!


  • 担当者

    SMEAGキャピタルキャンパスは、セブ島のガダルーペ地域に位置しています。


    日本、韓国、台湾、中国、ベトナムなどから学生が集まる多国籍な学校なので、国際交流を求める方におすすめです。

    学校概要

    SMEAGキャピタル校はSMEAGの3番目のキャンパスとして2012年7月オープンの新しい学校です。


    一日最大11時間もの授業を受講でき、出席義務のある授業に加えて、生徒の自主性・興味を合わせられるような自由参加可能なスペシャルクラスがあります。