【フィリピン・セブ留学】韓国人経営語学学校まとめ

フィリピンには主に日本資本韓国資本の語学学校が多くあります。

経営者がどちらの国か違うだけで、校風や食事などはとても変わってきます。今回はその韓国資本の学校にスポットを当てて紹介していきたいと思います!

韓国人経営ってどんな学校?

フィリピン留学の学校選びについて

皆さんが留学先を選ぶ際、様々な条件があるかと思います。そもそもフィリピンなのか?どこの地域にしようか?どんな特徴の学校にしようか…?項目別に見ていきましょう。

留学の目的を考える

まずあなたの留学の目的とはなんでしょうか?

「本気で英語力を高めたいから」

「TOEIC、TOEFLで高得点を狙いたいから」

「ワーキングホリデイの準備のため」

「企業のカリキュラムで結果を出さなければならないから」

「ただ単に、一度留学してみたかったから」

様々あるかと思います。しかし、この「目的」を見失ってしまっては留学を終え帰国した時、単なる浦島太郎状態になってしまいかねません。あなたは人生の限られた「時間」と「大金」を代償に留学へ行くのです。よく吟味して計画し、留学しましょう。

フィリピン留学マンツーマンレッスン

どのエリアに留学するか

どのエリアで留学するか考えるのも大切な事項です。これから、1ヶ月、数ヶ月、はたまた1年以上と、あなたはその街で暮らすことになります。自分のライフスタイルを考え選ぶようにしましょう。

また、一言にフィリピンといっても様々な留学エリアが存在します。フィリピンの留学エリアに関してはこちらの記事を読んでみてください!

フィリピンで留学ができる【6つの地域】

どの学校にするか

学校によってカリキュラムや校風、食事、宿舎が変わってきます。都会の立地 or 田舎の立地か、自由な学校 or スパルタ制か、日本人経営 or 韓国人経営か、ドミトリー or ホテルか、など自分の生活や性格を考え決めるようにしましょう。

どのコースを選択するか

一般のカリキュラムなのか、インテンシブなカリキュラムなのか、TOEIC / TOEFL / IELTS対策のコースなのか…ここは目的によって大きく変わってくると思います。

韓国人経営校のメリット・デメリット

どの国の経営者かによってメリット・デメリット、様々な側面があります。日本人経営校と比較しながら簡単に見ていきましょう!

メリット デメリット
韓国人経営校
  • スパルタ、セミスパルタ制を取り入れているところが多い。また郊外にある学校が多く、敷地が広いため、施設が充実している
  • 日本人比率が低く、英語を使う場面が増える
  • IELTSやTOEFL対策に対応している学校が多い
  • 韓国人向けの料理のため、口に合うかわからない
  • 日本人スタッフがいるとは限らない
  • 日本人経営に比べサービスの質が保証されていない
日本人経営校
  • 韓国人経営校より比較的自由な校風の学校が多い
  • 日本人が常にいるため安心して生活できる
  • 日本人向けの料理を食べることができる
  • IT留学、0円留学などの学校も存在する
  • サービスがとても良い
  • 常に日本人がいるため日本語を多く使ってしまう
  • 自由な校風の学校が多いため、セルフマネジメントが必要
  • 韓国人経営校より授業料がやや高い場合がある

韓国人経営校はこんな人にオススメ!

スパルタ、セミスパルタ制の環境で勉強したい方

日本人との交流の少ない環境で留学したい方

IELTSやTOEFLでハイスコアを狙いたい方

また、韓国人向けの料理は日本人向けの料理とは大きく異なるため食生活は大丈夫か、よく考え決めましょう…

韓国人経営校のまとめ

ではここで、具体的にどのような韓国人経営校があるのか見ていきましょう!

CIA

多国籍な生徒が集まるスパルタ校!

CIAはセブ島の中でも最も歴史が深く、ベテランの講師陣の授業を受けることができます。

国籍比率は韓国人35%、日本人30%、台湾人20%、ベトナム人10%、その他中東の生徒などで、多国籍の生徒が集まる学校です。そのため授業以外でも英語を使う場面が多くあり、異文化交流も楽しむことができます。

また、スパルタ制を取り入れており、授業は1コマ50分、毎朝単語テストもあり、一日中みっちり勉強することができます。

施設も綺麗で、立地もセブシティの中心部なのでどこへ行くのにも便利です!

フィリピン留学CIA

CIAのオススメポイント

・スパルタ制で1日みっちり勉強することができる

・多国籍の生徒と交流することができる

・セブシティの中心部ということで立地がとてもよい

オススメのコース

・レギュラーESL

1日マンツーマン4コマ、グループクラス4コマ、自己学習2コマの一般的なコースです。

CPILS

セブ最大の日韓共同経営校

CPILSは2001年に設立された、最大定員500人を誇るセブ最大規模の日韓共同経営校です。学校内にはプールやジム、図書館、カフェが併設され充実した留学生活を送ることができます。生徒も多国籍、多世代がいらっしゃいます。

初球から上級まで18段階に分かれ個人に合わせたカリキュラムを組むことができます。また、無料のクラスや映画クラス、英語の歌のクラス、TOEICクラスなど、楽しく豊富なカリキュラムが用意されています。

ネイティブ講師もおり、マンツーマンやグループクラスを受けることができます。また、講師は大卒を採用基準としていますが、英語科だけでなく、様々な科の卒業生を採用しています。

門限が厳しく、みっちり勉強したい方にオススメです!

CPILSのオススメポイント

・大規模なため様々な交流をすることができる

・映画クラスや音楽クラスなど変わったカリキュラムを受けることができる

・多国籍、多世代の生徒と関わることができる

オススメのコース

・レギュラーESL

1日マンツーマン3コマ、1:4クラス2コマ、1:8クラス2コマ、グループリスニングクラス1コマ、スペシャルクラス1コマと豊富な授業の種類を受けられる一番人気コースです!

SMEAG Capital / SMEAG Classic / SMEAG Sparta

自分にあったスタイルを選べる、SMEAG

SMEAGはセブ島の中でも「Capital」「Classic」「Sparta」と3校運営しており、それぞれに特徴があります。

「Capitar」は2012年にオープンした新しいキャンパスです。セブの行政機関が集まる地区に位置し、徒歩圏内にはショッピングモールもあります。キャンパス内にはジム、コーヒーショップ、美容室、マッサージショップも併設しており快適な留学生活を送ることができます。

また、TOEIC、TOEFL、ビジネス英語に強く、米国ETSからTOEIC/TOEFLの公式試験会場としての認可を受けています。多忙なビジネスマンのためにも2週間からのカリキュラムもございます。

「Classic」はIELTS公式試験会場として認可を受けており、IELTS対策の授業を受けることができます。IELTSは主に英語圏への移住やイギリスへの留学に必要になってくるテストです。点数保証コースでは試験日にあわせて入学日と期間が決められており、試験に向け高い効果を得られます。

講師陣も最新の採点基準や出題傾向を把握し、効率的な学習をすることができます。海外就職海外大学進学を目指す生徒が集まっています。

「Sparta」はスパルタ制を取り入れており、平日は外出禁止、土日も門限があり、早朝夜間授業を含めると朝6:40〜夜9:00までの授業に出席しなければなりません。

また、フィリピン人講師と共に寮に滞在することができるコースもあり、一日中英語に浸ることができます。短期間に集中して勉強に取り組みたい方にオススメです。

ケンブリッジ検定対策コースも設けられており、ケンブリッジ検定を取得すれば生涯有利に働くことができます。

フィリンピン留学SMEAGキャピタルキャンパス

SMEAGのオススメポイント

・自分の条件に合わせたキャンパス選択が可能

・スパルタの環境で勉強することができる

・ケンブリッジ検定、IELTSに特化したコースがある

オススメのコース

・「Capitar」ESL-1

1日早朝授業1日80分、マンツーマン4コマ、1:4クラス2コマ、グループ4コマ、夜間授業1日90分の一般的なコースです!

・「Classic」IELTS Pre

1日早朝授業1日80分、マンツーマン4コマ、1:4クラス2コマ、グループ2コマ、夜間授業1日90分のIELST対策に特化したコースです!

・「Sparta」ケンブリッジ検定KET

1日早朝授業80分、マンツーマン2コマ、1:2クラス2コマ、1:4クラス2コマ、1:8クラス2コマ、グループ2コマ、夜間授業90分のケンブリッジ検定対策に特化した珍しいコースです!

English Fella 1 / English Fella 2

セブシティ郊外、広大なキャンパスでのびのび勉強!

English Fellaはセブ島の中で2校経営しており、どちらのキャンパスも郊外の静かな環境に位置しています。どちらのキャンパスも24時間利用可能な自習室を設け、キャンパスの変更も可能です。

「English Fella 1」は広大な敷地にプールやバスケットコート、バレーコート、体育館、売店が併設されているリゾート型のキャンパスです。平日も外出が可能で、生徒・講師ともに出席率・講師稼働率は98%を維持しており高いモチベーションで学習することができます。

また、孤児院訪問などの社会貢献アクティビティや土曜日には講師との外出アクティビティもありアウトプットする環境も多く設けられています。日本人スタッフも常駐しているので安心して生活することができます。

「English Fella 2」はスパルタ制を取り入れており平日は外出禁止です。English Fella 1よりも広い敷地内には、プールやバスケットコート、バレーコート、体育館、ジム、売店が完備されており外出しなくとも充実した生活をすることができます。

「English Fella 1」よりも厳しい環境で学びたい方にオススメです!

English Fellaのオススメポイント

・静かな環境と広大なキャンパスでのびのびと勉強ができる

・24時間利用可能な自習室がある

・リゾート型キャンパスで施設が充実している

オススメのコース

・「English Fella 1」ESL-4

1日マンツーマン4コマ、グループ3コマの一般的なコースです!

・「English Fella 2」ビジネス英語

1日マンツーマン4コマ、グループ1コマのビジネス英語専門のコースです!

ELSA(エルサ)

豊富な自然に囲まれたセミスパルタ校!

市街地から離れ、自然の多い海辺に位置する韓国資本の学校です。また、セミスパルタ制を取り入れており街地から離れているため誘惑も少なくみっちり学習することができます。また、親子留学をすることも可能です。

フィリピン留学ELSA

ELSAのオススメポイント

・誘惑の少ない自然の中に位置し、セミスパルタ制を取り入れている

・日本人が少なく、英語を話す場面が多い

・親子留学をすることができる

オススメのコース

・General ESL

1日マンツーマン4コマ、グループレッスン4コマ、スペシャルクラス1コマの一般的なコースです!

CPI(Cebu Pelis Institute)

新型のスパルタ校!?

CPIはセブ島で長い歴史を持つ語学学校PELISが2015年に新設したリゾートホテル型の語学学校です。

スパルタ制を取り入れており平日は外出禁止ですが、生徒の自由も尊重し授業による時間拘束していません。放課後は様々なアクティビティを用意し生徒がリフレッシュしながら勉強に取り組めるよう工夫されています。

また、校舎も新しく、プールやジムを併設しているため充実した学校生活を送ることができます。

CPIのオススメポイント

・新しいスタイルのスパルタ制を取り入れている

・キャンパスが新しく、施設が充実している

・放課後、様々なアクティビティが用意されている

オススメのコース

・General English

1日マンツーマンクラス4コマ、グループクラス3コマの一般的なコースです!

JIC Cebu

歴史の長い、セミスパルタ校

JIC Cebuはセブ島の中でも3番目の歴史を誇るセミスパルタ校です。2009年に移転しリーズナブルな価格帯ですが施設もしっかりしており、大型ショッピングモールも徒歩圏内にございます。

プールやバドミントンコート、ジムも完備しているためとても便利です。インターネットも複数回線引いているため、Wi-Fiも安定してご利用できます。

また、ネイティブの授業も受けることができます。ネイティブの発音を直で学ぶことができるためオススメです。毎朝7:30〜7:50に行われる単語テストを欠席してしまうと当日外出や週末外出禁止などのペナルティが課されます。

フィリピン留学JIC CEBU

JIC Cebuのオススメポイント!

・ネイティブの授業を受けられる

・大型ショッピングモールが近く、立地が良い

・セミスパルタで日本人が少ない

オススメコース

・Public ESL

1日マンツーマン4コマ、1:4クラス3コマ、スペシャルクラス1コマ、早朝単語テストの一般的なコースです!早朝単語テストは着実に力になります!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?韓国人経営校と日本人経営校ではそれぞれメリットやデメリットが違ってきます。生活や食事の文化も違いますし、関わることのできる生徒も変わってきます。自分にあったカリキュラムやライフスタイルをよく考え、選択してみてはいかがでしょうか?

これから長い期間、異国で生活するということを考えて吟味して決めるようにしましょう。