バギオの学校一覧

  • 担当者
    A&Jのあるバギオは「フィリピンの軽井沢」とも呼ばれる涼しく治安のよい地域です。

    一般英語はもちろん、ワーホリ対策にも非常に力を入れており、IELTS、TOEICの点数保証コースもございます。

    フレンドリーで生徒思いの日本人スタッフのサポートが受けられるのも大きな魅力です!
    学校概要
    A&J e-EduDC Academyはフィリピン北部のバギオにある韓国人経営の学校です。

    宿泊施設内にアメリカ出身の副校長が24時間滞在しているため、授業以外でもネイティブスピーカーと時間を共有し、実践的に英語を使う訓練ができることが最大のポイントです。
     
    また、フィリピン留学の最大の魅力である「マンツーマン授業」に特化したプログラムを組めるようにと、ネイティブ講師とのマンツーマン授業1コマを含む「Native ESL」、1日最長8時間のマンツーマン授業を受けられる「Crazy ESL」などのコースがございます。
  • 担当者
    A+アドバンス語学学校では、超初心者クラスを設けている他、日本人生徒の割合を全体の15%までに制限しています。

    超初心者クラスもあり、英語初心者に特にお勧めの学校です。
    学校概要
    A+(エープラス)アドバンス語学学校は、フィリピンの教育都市バギオに2006年に開校した定員160名の中規模校です。

    学生数と講師の人数が1対0.9の割合で、他校に比べると学生1人あたりの講師の人数が多い為、大規模校では難しい生徒様お一人お一人への個別のケアが可能な点が魅力です。

    また、フィリピンに留学する日本人学生のうち約30%が英語初級レベルいう調査結果をふまえ、A+アドバンスでは英語初級レベルの学生専門の「超初心者クラス」を開設し、これまでに数多くの初級レベルの学生様のサポートしてきた実績のある学校となっております。
  • 担当者
    バギオJICのキャンパスはスパルタ式で短期間で英語力を伸ばしたい方向けのIntensive Basicキャンパスと、比較的自由な校風で、目的に合わせた多彩なコースを提供するPower Speakingキャンパスのいずれかを選べます。

    なるべく費用を抑えて留学したい!という方にぴったりの語学学校です。
    学校概要
    バギオJICは2006年に設立された韓国人経営の学校です。

    コースの選択肢は、強制自習を含めて1日最大13時間勉強するスパルタ式の【Intensive Basicコース】から、平日も外出できるセミスパルタ式のコースまで、様々です。

    2つあるキャンパスのうち、スパルタ式のIntensive BasicキャンパスではEOP(イングリッシュ オンリー ポリシー)を採用しているため、休憩時間も含めて常に英語で話す必要があります。
  • 担当者
    BECIはスピーキングに特化した語学学校です。

    定期的なテストで発音や文法の間違いを徹底的に洗い出し、同じミスを繰り返さないようしっかりご指導します!

    キャンパスやラウンジもおしゃれで、ファーストイングリッシュのお客様の間でも大変人気のある学校です。
    学校概要
    BECI(ベシ)はフィリピン北部のバギオにある韓国人経営の学校で、2003年に創立されました。

    2003年に開校した学校ですが、メインキャンパスは2016年に現在の場所に移転したため、設備も綺麗です。
     
    コースは一般英語(ESL)のほかに、ビジネス英語、TOEICやTOEFL、IELTSの試験対策コースなど多彩な学校となっております。
  • 担当者
    BECI the Caféはフィリピンの中でも犯罪率が低く、安心して留学できるバギオにございます。

    また、女性限定の語学学校で、校舎、内装、お部屋、サービスなど女性のことを考えた内容となっております。

    お洒落な環境で、しっかり勉強したい女性の方へおススメの学校です。
    学校概要
    BECI the CaféはBECIの第2キャンパスとなっており、BECIの15年の経験を活かし、質の高い教育、教師を提供しています。

    しっかり勉強できるコース内容はもちろんのこと、女性の事を考えたサービスが多々あります。クッキングクラス、ビューティーケアサービス、ランゲージ・エクスチェンジ、ダンスクラス(ズンバ)、BBQパーティなど、リフレッシュできるプログラムが用意されています。

    徒歩5分内には大きなスーパーマーケットもあり、生活に不便はありません。
  • 担当者
    1996年設立のHELPはバギオのみならず、フィリピンにある語学学校の中で最も長い歴史を持つ老舗校です。

    マーティンス校は、HELPの3つのキャンパスのうち唯一「英語上級者」に特化していて、日本で行われる入学試験に合格した方だけが入学できます。

    英語上級者だけが集まるHELPマーティンスキャンパスで、仲間と切磋琢磨しながら高いモチベーションを保って勉強しませんか?
    学校概要
    HELP マーティンスキャンパスは1996年にバギオにオープンしたHELPの上級者専用キャンパスです。

    スパルタ式の校則で、月曜日~金曜日は外出禁止・土曜日は24:00・日曜日は18:00までに帰宅する必要があり、毎週日曜日の夜は試験もございます。

    レッスンは1日あたり最大10コマ受講でき、平日は24時間英語のみで過ごすEOP(イングリッシュオンリーポリシー)を採用しています。日本語から離れて英語漬けの環境を求める方に適した学校です。
  • 担当者
    HELPはこれまでに5万人以上の卒業生を送り出してきた老舗校です。スパルタ校だけあって、月~金曜日までは外出禁止、母国語の使用禁止の校則があります。

    HELPには合計3つのキャンパスがありキャンパス間での転校も可能なため、まずはロンロンキャンパスで英語力をつけて、自信がついたら上級者向けのマーティンスキャンパスの入学試験を受けて転校するのもよいですね!
    学校概要
    HELPロンロン校は、1996年に開校した語学学校HELPの初級者向けスパルタキャンパスで、人里離れた山の上にございます。

    HELPロンロン校は、合計3つあるHELPのキャンパスの一つで、英語初心者~中級者を対象としています。上級者向けのマーティンスキャンパスと同じくスパルタの校風で、平日の外出は禁止されています。

    日本人はスパルタの校風を敬遠する傾向があるため、HELPロンロン校の学生様の国籍比率は韓国人が約90%と、日本人の比率がとても低い学校です。
  • 担当者
    Keunmoonでは、経験豊富な Marvin 講師を先頭に、講師陣のレベルの高さ、また確実に成果を出せる質の高い教材をご用意しております。

    小規模でアットホームな環境の中、マンツーマン授業を中心として生徒の力を伸ばす独自のカリキュラムを採用しています。
    学校概要
    Keunmoonは、バギオにある韓国人経営の語学学校です。フィリピンでも有数の教育都市「バギオ」にあり、年中涼しい気候の中で勉強に励むことができます。
     
     生徒のニーズと能力を考慮して、カリキュラム内容をを調整することができます。 生徒個人に合わせてパーソナライズされた教材を提供できる点もKeunmoonのメリットです。
  • 担当者
    Monolの授業は「復習・反復学習」を重視しているのが大きな特徴です。「その日習ったことをいかに効率よく吸収して、定着させるか」に着目し、それぞれの科目がリンクする独自のカリキュラムを提供している点が、他校にはない大きな魅力です。

    また、大人気の「3+1人部屋」では講師も一緒に同じ部屋で生活できるため、朝起きてから就寝するまで英語漬けの生活が叶います!
    学校概要
    Monol(モノ−ル)は2003年に設立された韓国人経営の語学学校で、バギオ市内にあります。

    長年蓄積してきた教育ノウハウと学生のニーズを土台に、「復習・反復学習重視型」の方針に沿った独自の教材・カリキュラム・教育方法を採用している点が他校と大きく異なります。
     
    学生の生活の質を高めるために、外出しなくても不便を感じずにすむよう校内にはATMが設置されているほか、男女別のサウナやジム、ビリヤード台などの施設が整っており、設備の充実ぶりはバギオの語学学校でナンバーワンです!
  • 担当者
    PINESは英語レベルによりキャンパスが2段階に分かれているのが大きな特徴で、2013年に創立されたチャピスキャンパスは、「英語上級者」専用のキャンパスです。

    英語上級者だけが集まるキャンパスで、さらなるレベルアップを図りましょう!
    学校概要
    PINES INTERNATIONAL ACADEMYは、2001年に創立された韓国人経営の学校です。教育都市として知られるフィリピン北部の都市、バギオの老舗校です。

    「新メインキャンパス」が英語初級者~中級者を対象にしているのに対して、チャピスキャンパスは英語上級者に特化しています。

    チャピスキャンパスに入るためには、日本でSkypeを使った入学テストを受けていただき合格しなければなりません。
  • 担当者
    これまでに多くの卒業生を送り出してきた初級者向け「クイサンキャンパス」が、2018年春に新しい場所に移転して【新メインキャンパス】として生まれ変わりました!
     
    PINESはスパルタ校ですが、新メインキャンパスでは「セミスパルタ」も選べるようになっております。
     
    学校概要
    PINES INTERNATIONAL ACADEMYは2001年創立の韓国人経営の学校です。

    バギオにある語学学校で、英語レベルによって2つのキャンパスに分かれています。

    またPINESの講師は、面談や講義実演、トレーニング、最終実演などのステップを通して採用された選りすぐりの講師陣です。
  • 担当者
    TALK Academyは、フィリピンで初めてTOEICコースを開設したTOEIC対策コースで有名な学校です。

    これまでは、Yangco(ヤンコ)センターとENE(イーエヌイー)センターの2つのキャンパスに分かれていましたが、2018年10月に統合してTALK 新Yangcoセンターとして生まれ変わりました。
    学校概要
    TALK (Teaching Actual Language &Know-how)は、2007年設立のバギオにある韓国人経営の学校です。

    バギオの市街地にあり、タクシーで5分ほどで大型ショッピングモールやバギオのメインストリートまで行ける便利な立地です。

    『バギオでTOEICの勉強をするなら、TALK』とも言われ、他校に比べてTOEICコースを受講する生徒が非常に多いのが特徴です。
  • 担当者
    WALESは定員50名の小規模校で30代以上の生徒様が全体の約4割を占めるため、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができます。

    生徒様の国籍バランスも偏りすぎないので、自然に英語を使える環境も魅力の学校です。
    学校概要
    WALES(ウェールズ)は2006年創立の韓国人経営の学校で、バギオの中心地にあります。

    定員50名の小規模校で生徒様の平均年齢も若すぎないため、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができます。
    生徒様の国籍もバランスが取れているため、自由な校風でありながら自然に英語を使える環境も魅力です。

    また、校舎と一体型の寮はいかにも学生寮という感じではなくアパートメントのようで、まるで自分でアパートを借りて暮らしているような気分味わえます!