フィリピン留学でワーホリ対策ができる学校一覧

海外で働いてみたい!

海外で生活しながら、英語を使って仕事をしたい!

そんな夢を大きく後押ししてくれるのが、ワーキンングホリデー制度です。

しかし、英語力ゼロの状態でワーホリの申請をしたために英語を使うお仕事に就けず、英語圏で1年暮らしたのにほとんど英語が上達せずに帰国する人がいるのも事実です。

せっかくワーホリに挑戦するなら、もっと有意義な経験にしたいものですよね。

そこで、フィリピンの語学学校の【ワーホリ対策コース】が強い味方になります!ワーホリを考えている方必見の情報ですよ。

 

ワーキングホリデーの概要

ワーキングホリデーとは、日本とワーキングホリデー協定を結んだ国に1~2年間の滞在許可が下り、その間に就学、旅行、就労を経験しながら生活することが許されている制度です。

この制度を申請できるのは、満18歳から30歳の日本国民です。

この制度外では、日本人が海外で観光することは許されていても、同時に働くことは許されていません。また就学、オーストラリア、ニュージーランド2か国を除けば、留学時に働くこともできません。

したがって、海外に滞在して現地で語学の勉強をしながら働いたり、働きながら現地を旅したりいうことができるのは、ワーキングホリデービザだけの特権です。

海外で働くことは、単に生活費を稼ぐという目的にとどまらず、その土地の文化に溶け込むという意味においても非常に価値ある経験です。

※参考サイト※
「一般財団法人 日本ワーキング・ホリデー協会ホームページ」

 

ワーキングホリデー対策コースとは?

フィリピンに留学する皆さんの中には、フィリピンの後にオーストラリアやカナダでのワーホリを考えているという方も珍しくありません。

そこで、一部の語学学校では【ワーキングホリデー対策コース】を提供しています。

コース内容は学校によって異なりますが、英文履歴書の書き方や英語での面接の練習、英語圏で生活するために必要な日常英会話などを学びます。

さらに、学校によっては実際にお店に立ってカフェやレストランでの職業体験までできるところもあるんです!

もちろん、ワーホリ対策以前の通常の英語の授業もございます。ワーホリを考えているけれど英語力不足で自信がない方ワーホリで失敗したくない方は、ぜひワーホリ対策コースを味方につけてくださいね。

それでは、ワーホリ対策コースを提供している学校や、コースの内容を具体的にご紹介してまいります!

 

A&J(バギオ)

001-1024x512

 

 

A&Jについて

A&Jは、フィリピンの語学学校の中で、ワーホリ対策コースにもっとも力を入れている学校と言えます。

A&J e‐EduDC(以下A&J)は、フィリピン北部のバギオにある2008年開校の韓国人経営の学校です。

バギオは首都マニラから車で6~7時間ほどの場所にある都市で、「フィリピンの軽井沢」とも呼ばれる避暑地です。

A&Jは定員55名の小規模校ですが、小規模校ならではのアットホームな雰囲気とスタッフの行き届いた対応が魅力です。

「講師・スタッフ・生徒の3人4脚」をテーマに掲げ、最高の教育と最高の学習環境を提供できるよう努めています。

アメリカ人の副校長が学校の敷地内で生活しているため、授業が終わったあともネイティブの英語に触れられる点も他校にはない強みです。

 

アメリカ人副校長がいつでも身近に!

ワーホリや2か国留学を計画している留学生なら、「ネイティブの話す英語に慣れておきたい」という思いがあるかもしれません。

A&Jの副校長、Jonathan先生はアメリカ人です。

ネイティブ講師のJonathanが学校の敷地内で暮らしているので、生徒様は放課後や休日にもJonathanに気軽に話しかけることができる、とても恵まれた環境にあります。

一般にネイティブ講師達は、授業中は生徒様が聞き取りやすいようにゆっくり話す傾向にありますが、休み時間のフリートークになると、ナチュラルスピードで会話します。

Jonathan講師にどんどん話しかけて、ネイティブ独特の表現やスピード感に慣れていきましょう!

また、Jonathan先生は自由参加のナイトクラスの授業を担当しているほか、【Native GENERAL ESLコース】ではマンツーマン授業も1コマございます。

ネイティブ講師とのマンツーマン授業は、日本で受講するととても高価ですので、この機会を活かしてぜひチャレンジしてみてください。

 

日本人スタッフの強力サポート

A&Jのもう一つの特徴として、初心者レベルの生徒様の悩みをしっかり受け止めるサポートが挙げられます。

英語初心者の方が留学すると「どうやって自習すれはいいのかが分からない」「英語の発音が難しすぎる」といった問題に直面しますが、A&Jには名物スタッフのジョセフ(田島さん)がいますのでご安心ください!

ジョセフはベテランの日本人スタッフで、生徒様のことを常に気にかけています。卒業生のその後が気になって、ワーホリ先のカナダまで追いかけていったこともある情熱の持ち主です。
ジョセフは新入生に個人カウンセリングを実施するほか、英語の勉強の仕方から丁寧にアドバイスします。

 

また、放課後には入門レベル~初級者レベルの生徒様向けに無料の文法クラス、音読クラスを日本語で教えています
英文法に苦手意識を持った方が、ただでさえ苦手な文法を英語で習うとなると大変です。日本人スタッフのジョセフによる日本語での文法講座は大変ありがたいサポートです。

もう一つの無料クラスは「音読クラス」です。なぜ音読なのか?というと、英語で話せるようになるためには、「声に出す練習」が欠かせないからです。
日本人の留学生は、自分の英語に自信がないからつい小声で話しがちですが、声が小さいと余計に相手に伝わらなくなってしまいます。
音読クラスでは、「相手にきちんと聞こえる大きな声で」「正しい発音で」英語を話すトレーニングをします。
劇団出身のジョセフと一緒に、楽しくスキルアップできますよ。

「授業についていけるか不安…」という方も、一人ぼっちにしません。英語初心者の方も、どうぞ安心してA&Jにお越し下さい。

 

A&Jの「ワーホリ対策コース」!

A&Jの【ワーキンングホリデー準備コース(保証)】は、12週間のプログラムです。
このコースの内容は、ワーホリの為の準備段階である【Preparation for Working Holiday】と、実習の【On the Job Training】の2つのパートに大きく分かれています。
バギオの人気カフェレストラン「Cafe Will」でのトレーニングは、何と40時間!
また、学校独自の保証システムにより、11週目に行われるテストで合格できなかった場合は、授業料無料でこのコースを延長することもできる、まさに至れり尽くせりのコースです!

 

コースの期間

12週間のみ

 

授業数(Low Beginnerレベルの場合)

・マンツーマン×6コマ
・ワーホリ専用グループ授業…無し
・単語テスト、ディクテーションテスト(必修)

 

授業数(Beginnerレベル以上の方)

・マンツーマン授業× 5コマ
・ワーホリ専用グループ授業× 1コマ
・単語テスト、ディクテーションテスト(必修)

※その他のクラスとして、「ナイトクラス」「日本人音読クラス」は自由参加です。
※入学時のレベルチェックテストでBeginnerレベルと判定された場合は、グループクラスが無くなり「マンツーマン授業×6コマ」のみとなります。

 

Preparation for Working Holiday

通常のESL(一般英語)コースよりも実践的な“ホスピタリティ英語(接客英語)”を学ぶ授業です。ワーホリでのお仕事を意識した学習体系に加え、接客係とお客様役に扮して練習するロールプレイ、英語での模擬面接、レジュメ(英文履歴書)作成までご指導します。英語を使う仕事に必要なすべてを網羅したカリキュラムです。

 

OJT(レストラン・カフェでの実地職業訓練)

A&Jでは、なんと40時間もの実習時間を設けています!

OJT(On the Job Training)とは実際に職業体験をしながら学ぶプログラムのことで、A&Jではバギオ市内の【Cafe Will】という人気のカフェ・レストランでの実習を行っています。

OJTは、全12週間のコースのうち8~11週目の週末を利用して行います。金曜日に3時間、土曜日に7時間、合計40時間もの実習は必修科目です。

仕事内容の説明を受けたら、実際にレストランでの接客をしていただき、これまで勉強してきた内容を実践します。実際に接客をするとなると、お客さんとの雑談に応じたり、メニューについての質問されたりするほか、カフェで働くフィリピン人スタッフとのコミュニケーションも必要です。40時間の実習の最後にはCafe Willの店長さんからのフィードバックももらえるため、自分の仕事ぶりを客観的に振り返ることができ、その反省をワーホリ先の職場で生かすことができますよ。

コースの最終日には、修了証が授与されます。

 

保証制度について

A&Jの「ワーキングホリデー準備コース」には保証制度がございます。

コースの第11週目に、A&J独自の認定試験を受けていただき、A&Jの規定点数に満たなかった場合は、授業料無料でこのコースの延長受講が可能です。

テストの内容はAnswering Questions (質問に答える), The Long Turn, Role playing(お客様と接客係に分かれての試験) , Demo Interview(英語での模擬面接) の4分野です。

テストに合格できなかったからと言ってその後ワーホリに行けないということはありませんが、学校独自の厳しい基準に合格すれば、より自信をもってワーホリに臨むことができます。

なお、保証制度によるコースの無料延長は強制ではありません。

 

Baguio JIC(バギオ)

c182f44447e44beebc6d532129ce6832-2-867x650

 

バギオJICは2006年に設立された韓国人経営の学校で、校風の異なる2つのキャンパスに分かれているのが大きな特徴です。

料金がリーズナブルなため、できるだけ予算を抑えて留学したい方や、長期留学の方にもおすすめの学校です。

A&Jと同じくフィリピン北部のバギオ地方にあるため、最寄り空港はマニラ空港です。

マニラ空港から車で6~7時間かかりますが、バギオは山がちの地域で誘惑も少なく、腰を据えてしっかり勉強したい留学生が多く集まる注目のエリアです。

 

Intensive Basicキャンパスについて

【学生定員】 70名

【お部屋タイプ】1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋

【生徒様の国籍比率】韓国人70%、日本人15%、台湾、中国、ベトナム人⇒それぞれ5%(時期により変動します)

【門 限】月曜~金曜日までは外出禁止、土曜日⇒夜中の1時まで、日曜・祝日⇒夜10時まで

【受講できるコース】Intensive Basicコース1種類のみ

 

2つあるキャンパスのうち、Intensive Basicキャンパスはスパルタの校風<です。

短期間で英語力をアップさせたい英語初心者~初級者の方に向けたキャンパスで、「平日は外出禁止」「EOP(英語だけで話すルール)」「強制自習時間あり」など、厳しい校風が特徴です。

なお、Intensive Basicキャンパスで受講できるコースは【Intensive Basicコース】1種類のみに絞っています。

英語初心者の方の場合は、例えば最初の4週間はIntensive Basicキャンパスでしっかりと英語の基礎固めをして、5週目からはPower Speakingキャンパスに移動してワーホリ準備コースを受講するといった組み合わせもおすすめです。

 

Power Speakingキャンパスについて

【定員】 70名

【お部屋タイプ】1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋

【生徒様の国籍比率】韓国人40%、日本人35%、台湾人15%、中国人、ベトナム人 それぞれ5%(時期により変動します)

【門 限】月曜~木曜⇒22時、金曜日・土曜日⇒夜中の1時、日曜日・祝日⇒22時(※IELTSコースは門限が異なります)

 

Power Speakingキャンパスはセミスパルタの校風です。
英語レベルは英語初心者~上級者まで対応しており、コースも8コママンツーマンのコースからIELTS試験の対策コースまで、幅広く対応しています。
「ワーホリ準備コース」が受講できるのは、セミスパルタの【Power Speakingキャンパス】のみです。

 

Baguio JICの1日のスケジュール例

Baguio JICで「ワーキングホリデー準備コース」を受けた場合の1日のスケジュールは、下記のとおりです。

※下記のスケジュールはあくまでも一例ですので、実際は1時限目からグループ授業になることもあります。

 

06:30~08:20 朝食

08:20~09:10 マンツーマン授業(ESL)

09:20~10:10 マンツーマン授業(ESL)

10:20~11:10 グループ授業(ESL)

11:20~12:10 グループ授業(ESL)

12:10~13:00 昼食

13:00~13:50 マンツーマン授業(ワーホリ対策)

14:00~14:50 マンツーマン授業(ワーホリ対策)

15:00~15:50 グループ授業(ワーホリ対策)

16:00~16:50 グループ授業(ワーホリ対策)

17:00~17:50 自由参加のグループ授業(ESL)

18:00~18:50 自由参加のグループ授業(ESL)

18:50~19:30 夕食

19:40~ 自由時間(希望者は19:40~単語テスト)

 

Baguio JICの「ワーキングホリデー準備コース」!

コースの期間
・4週間完結

このコースの適正レベル
・初級者~中級者

テキストについて

・Baguio JICのオリジナル教材

 

授業数(1コマ50分授業)
・ESLのマンツーマン授業×2コマ
・ワーホリ対策のマンツーマン×2コマ
・ESLのグループ授業×2コマ
・ワーホリ対策のグループ×2コマ

※単語テスト・自習は任意参加です
※このコースは「Power Speakingキャンパス」のみで受講できます。
※希望者は、入学後2週目からグループクラスを追加で2コマ受講することもできます。

 

コースの概要

フィリピン留学の後、ワーホリで欧米圏に行っても困ることのないように事前に準備したい方のためのコースです。

1日8コマの授業のうち、半数(マンツーマン2コマ、グループ2コマ)がワーキングホリデー対策に特化した授業内容です。

マンツーマン授業では英文履歴書や英語面接の練習をします。履歴書を書く上で必要な文法知識・ライティングスキルを学びながら学習を進めていきます。

グループ授業では仕事のロールプレイングなどの実践的な英語スキルを学びます。また、コースの最後の方ではマンツーマン授業で準備したレジュメ(英文履歴書)を使って面接を行います。

なお、このコースでは1人の講師が2時間連続でクラスを担当します。

このコースは4週間完結ですが、事前に一般英語の【バランス重視コース】などを受講して、そのあとにワーホリ対策コースで仕上げをするといった組み合わせで受講するのもおすすめです。

 

オプションでカフェでのインターンシップも!

Baguio JIC Workig Holiday traning

 

Baguio JICでは、「ワーキングホリデー準備コース」の仕上げに、オプションでバギオ市内にある人気のカフェ「LUSSO」でのインターンが可能です。

ワーホリで英語圏に行く前に、フィリピンで「英語で働く」経験ができるのはもちろん、バリスタ流のコーヒーの淹れ方まで学ぶことができます!

なお、このプログラムはワーキングホリデー準備コースを受講の生徒様に限らず、どのコースの生徒様もチャレンジできます。

カフェでのインターンシップのお申し込みについて、推奨レベルはBaguio JICの基準でIntermediateレベルとなります。

しかしながら、チャレンジしたい方は上記のレベルに達していなくても、ぜひ受講して下さい!

特に、ワーキングホリデーに行く前の方にとっては、貴重な体験になるはずですよ。

 

【インターン実施日】
事前に打ち合わせをして、週末に実施します。通常は土曜日に行いますが、日曜日になることもあります。

【インターンの期間】
授業時間は1日7時間で、合計3日実施します。

【インターン先】
バギオ市内の中心地にある、人気のカフェ「LUSSO」

【仕事内容】
・カフェLUSSOにて、オーダーに応じてドリンクの作成
・オーダーによってはパスタなどの調理を担当する場合もあり
・バリスタ体験
・カフェでの接客 など

 

【プログラム料金】
・インターンシップ準備コースを受講の方 …3,000ペソ
・それ以外のコースを受講の方 … 4,000ペソ

 

【スケジュール】
受講前に学校にてオリエンテーションを実施
1日目:カフェスタッフとの面接、面接後に研修開始
2日目:ドリンクの作成、バリスタ体験、接客など
3日目:2日目と同様、3日間でインターンシップ終了

※ドリンクの作成等は、お客様からのオーダーによります
※インターンシップ中は、Baguio JICの学校スタッフによる写真撮影等が入りますので、予めご了承くださいませ。

 

【その他】
Baguio JICとカフェLUSSOより、インターンシップ修了証明書が発行されます。
ただし、証明書の発行には3回すべてのインターンシッププログラム受講が必要です。

3D ACADEMY(セブ)

3D-UNIVERSAL-ACADEMY-1024x474

 

3D ACADEMYは、2013年開校の日本人経営の学校です。

セブ市街地の賑やかな場所に位置しており、セブシティの活気ある様子を肌で感じることができます。

内部寮6人部屋はセブ最安値レベル!「リーズナブルな料金」「便利な立地」「自由な校風」「会話中心のカリキュラム」などで、多くのお客様からの支持を集めています。

メインビルはやや古いため、綺麗なお部屋をご希望の方は「新ビル寮」や提携ホテルがおすすめです。

「世界一周・ワーホリ英語コース」は1週間から受講できる気軽さが魅力です。
nbsp;

3D ACADEMYの人気のひみつ

ファーストイングリッシュのお客様の間でも、大変人気のある3D ACADEMY。

その魅力は、自由な校風や会話中心のカリキュラムのほかにも、いろいろありますよ!

 

便利な立地

セブの市街地の中でも、賑やかなエリアにある3D ACADEMY。

ショッピングモールの敷地にあるたけでなく、徒歩圏内にレストランやマッサージ店などが揃っており抜群に便利な立地です。

 

さまざまな国籍の生徒

日本人経営の学校では、生徒様のほとんどが日本人というところも少なくありません。

しかし3D ACADEMYでは、他国からの生徒様も積極的に受け入れることで、多様な国籍の生徒さんが集まっています。

台湾、ロシア、韓国、ドイツ、サウジアラビア、アルゼンチン、オマーンなど地域を問わず様々な国からの受け入れ実績が自慢です。

夏休み期間はどうしても日本人が増えますので、留学時期を選べる場合は、戦略的に日本人が少ない時期を狙うのもおすすめですよ。

 

バラエティー豊かなお食事

留学生活の間は、毎日3食の食事が提供されますが、いつも似たり寄ったりのおかずでは飽きてしまいますよね。

3D ACADEMYでは、日本人調理師がメニューを考えて、ブッフェ形式でお食事を提供しています。

和食、洋食だけでなく、フィリピン料理、韓国料理まで、バラエティー豊かなお食事を毎日お楽しみいただけます。

 

インターネット環境にも自信!

快適な留学生活を送っていただくために、3D ACADEMYではインターネット環境にも注力しています。

光回線の高速インターネットを利用しているだけでなく、独自のバックアップ回線も設置。内部寮・新ビル寮のお部屋はもちろん、レッスン室でもWi- Fiがつながります。

快適なインターネット環境で、日本のご家族やお友達とも連絡が取りあえるので心強いですね。

 

ネイティブ講師も在籍

日本人経営の学校では、講師全員がフィリピン人のことが多いですが、3D ACADEMYにはネイティブ講師も在籍しています。

選択式のグループ授業ではネイティブ講師の授業があるほか、【Native ESLコース】では、3コマのグループ授業はすべてネイティブ講師が教えます。イギリス人とアメリカ人の講師がそれぞれ担当しますので、発音の違いにも触れられます。

 

内部寮と同じ料金のホテル寮

3D ACADEMYには提携ホテルに滞在するプランもございます。

他校の場合、提携ホテルでの滞在は料金が割高になりますが、3D ACADEMYが提携している「Tsaiホテル」は、何と内部寮1人部屋と同じ料金です。

ホテルステイがぐっと身近になりますね。

なお、Tsaiホテルよりもグレードの高いPrestigio Hotelは、料金が異なります。

 

抜群に便利な立地!

3d_ar_5

 

3D ACADEMYの特長としてまず挙げられるのが、便利なロケーションです。

セブの市街地にあるショッピングセンター(JYモール)の敷地内にあるため、毎日の生活が大変便利です。3D ACADEMYの生徒様はJYモールのスポーツジムを無料で利用することもできます。学校周辺のお店などを、いくつかご紹介いたします。

 

JYモール
学校に併設するショッピングモール。
日用品のお買い物はもちろん、マクドナルドやスポーツジムも入っています。3Dの生徒様はJYモール内のジムを無料で利用できるのも嬉しいですね!

 

レストラン
学校から徒歩で5分~10分の範囲内に、イタリアン、和食、フィリピン料理、中華料理など、様々なジャンルのお店が揃っています。

 

マッサージ店
フィリピンのマッサージは安価な上にセラピストのレベルも高いので、留学生(特に女性)の間でも人気です。
3Dの周辺には、徒歩5分~10分の範囲にヒロット、タイ式、韓国式、指圧マッサージなど、様々なタイプのマッサージ店が点在しています。
安いお店なら1時間で600円位~でマッサージが受けられるので、いろいろ試してお気に入りのお店を見つけましょう!

 

ファーストフード店
マクドナルドは、学校に併設のJYモールにもあります。
フィリピンで人気No.1のファーストフード店「ジョリビー」も、学校から徒歩1分で行けます。
ジョリビーではフライドチキンや甘めのケチャップ味のスパゲッティなども人気ですよ。

 

ITパーク
セブを代表するビジネス街。
セブ市内はアジアらしい雑然とした街並みですが、ITパーク内は別世界のようにクリーンで整然としています。
各種レストランやカフェも沢山あり、夜遅くまで営業しているのもうれしいところ。

 

AYALAモール
学校からタクシーで約10分。
セブで最も人気のあるショッピングモールの一つで、フィリピンの中では最も高級な部類に入ります。
GUESS、ユニクロ、無印良品、H&Mなど、日本でおなじみのお店もいくつかあり、ETUDE HOUSEやFACE SHOPなど韓国のコスメブランドもあります。
大きなスーパーマーケットも入っているので、フィリピンの定番のお土産ドライマンゴーなどを買うのにも便利です。

 

3D ACADEMYのサンプルスケジュール

ご参考までに、月曜~金曜日のスケジュールをご紹介いたします。

こちらのスケジュールはあくまでも一例ですので、フリータイム(空き時間)は、お一人一人異なります。

 

07:00~08:00 朝食

08:00~08:50 マンツーマン授業(サバイバル英語)

09:00~09:50 グループ授業(観光英語)

10:00~10:50 マンツーマン授業(ESL)

11:00~11:50 フリータイム(またはカジュアルディスカッション)

12:00~13:00 昼食

13:00~13:50 グループ授業(例:ネイティブクラス)

14:00~14:50 マンツーマン授業(サバイバル英語)

15:00~15:50 マンツーマン授業(ESL)

16:00~16:50 グループ授業(自由選択)

17:00~17:50 フリータイム(またはYoga Class)

18:00~19:00 夕食

 

3Dの「世界一周・ワーホリ英語コース」!

 

それでは、3Dのワーホリ対策コースについてご紹介いたします。

「実践的な内容のカリキュラム」を大事についている3D ACADEMYが、フィリピン留学の後に世界一周旅行やワーキングホリデーを計画中の方に向けて提供するプログラムです。

卒業後に英語圏を目指す方々が堂々と生き抜いていくために必要な、実践的な英語を学びます。

 

3D ACADEMY Textbook for Working Holiday Comic style

 

受講期間

1週間からお申し込み可能です!

 

授業数(1コマ50分間)
・マンツーマン授業(ESL)×2コマ
・マンツーマン授業(サバイバル英語)×2コマ
・グループ授業(ESL)×2コマ
・グループ授業(観光英語)×1コマ
※ESL(English as a Second Language =第二言語としての英語)の時間は、一般的な英語を学びます

 

マンツーマン授業の内容

1日に4コマあるマンツーマン授業のうち、2コマはサバイバルイングリッシュです。

サバイバルイングリッシュとは、「海外旅行や海外での生活において、とりあえず最低限これだけ話せたら何とかなる」という必要最低限かつ実用性の高い英語表現を指します。

3D ACADEMYのサバイバルイングリッシュの授業では、マンガ形式のテキストを用いてイメージで覚える英会話と、「空港にて」「ショッピング」といった100種類もの身近なシチュエーションに分けられた実践的な英語表現を学びます。なお、ワーホリ対策をご希望の生徒様は、ロールプレイの際に「お店の人役」として練習することができます。

残り2コマのマンツーマン授業では、スピーキングに特化した内容です。また、ワーホリの準備に必須の英文履歴書・カバーレターの作成や、英語での採用面接の対策も、マンツーマン授業に含まれています。

 

グループ授業の内容

グループ授業は3コマあります。

3コマのうち、1コマは「ホテルにて」「レストランにて」などの観光で必要な英語に特化した英語を学びます。

残り2コマのグループ授業は、Native CommunicationやEnglish Demoなどの選択肢からお選びいただきます。

様々な状況を想定した実践的な授業によって、総合的な英語表現を学習します。

 

オプショナルクラス(※自由参加)

オプショナル授業は、毎時間規定の教室で開講しています。

生徒様によってどの時間が空き時間になるかはそれぞれスケジュールが異なりますので、ご自分の空き時間に興味のある授業があれば参加することができます。

 

CIA(セブ)

 

cia building

 

 

CIA(Cebu International Academy)は、2003年設立の韓国人経営の学校です。

セブの語学学校の中では老舗的な存在で、カリキュラムや講師の教育などに定評があります。

セブ市内のASフォーチュナ通りに面しており近隣には飲食店が多いほか、徒歩5分でJセンターモールに行ける便利な立地です。

生徒様の国籍が偏り過ぎないようコントロールしているのが大きな魅力です。セミスパルタの校風で、月~木曜日に行われる単語&文法のテストに合計で6割以上の点数を取れなければス湯松は外出禁止となります。

EOP(英語だけで話すルール)を実施することで、生徒様がより多く英語に触れながら自然に英語力を伸ばせるように努めています。

長年CIAで勤務するベテランの日本人スタッフを含めて、日本人スタッフが2名いるほか、親日家で流暢な日本語を話す韓国人スタッフもいるため、サポート面も安心です。

 

CIAの基本データ

名 称:Cebu International Academy

設 立:2003年

資 本:韓国人経営

学生定員:270名

生徒様の国籍:韓国人…35%、日本人…30%、台湾人…20%、ベトナム人…10%、その他(中国、中東方面など)…5%

授業時間 :【月曜~木曜】1コマ50分間、5分休憩、 【金曜日のみ】1コマ45分間、5分休憩

門 限 :日曜日~木曜日…22時、 金曜、土曜、祝前日…24時

食 事: 土日、祝日も含めて、毎日提供。月~土曜日は1日3食、日曜日のみブランチ(10~12時)と夕食の1日2食

 

ほどほどに厳しい、セミスパルタの校風

EOPルール

EOP(English Only Policy)は、英語だけで話す取り組みのことです。

生徒様に、より多く英語に触れて英語で考える習慣をつけていただくため、CIAではEOPを導入しています。EOPの時間帯は朝8:00~18:00までで、学校の敷地内をEOP POLICEと呼ばれる専門スタッフが巡回して、英語でのスピーキングが徹底されているかチェックしています。

EOPルールの時間帯に、教室棟で英語以外の言語を使用した場合、5ペソ(約12円)の罰金が発生します。集まったお金はボランティア活動に寄付しています。

 

毎朝の小テスト

CIAでは、月曜日~木曜日の朝に10分間のDaily Testを実施しています。

10問~20問の単語や文法のテストで、月曜日~木曜日までの合計点数が満点の6割に満たなかった場合は、その週の土日は外出ができなくなります。

つまり、ある程度真面目に頑張る生徒様は自由にできて、サボりがちな生徒様には厳しい校風ですね。

 

2時間の強制自習

CIAでは、9時限目(16:15~)と10時限目(17:10~)を強制自習の時間にしています。

2コマの自習時間のうち、1コマは英語でのエッセイライティング、またはリーディングの練習をします。この時間に書いたエッセイは、翌日の授業時間に講師が添削します。

残りの1コマは生徒様が各自で好きな内容で自習する時間です。

いずれにしても、夕食前には自習は終わりますので、7時以降は自由時間となります。

 

内部寮以外にも選べるお部屋

CIAはセミスパルタの校風ながら、内部寮以外にも豊富な選択肢が用意されています!いかにも学生寮という感じには抵抗のある大人にはうれしいですね!

cia orchard hotel

 

 

やっぱり便利な内部寮

CIAの敷地内にある学生寮です。徒歩圏内にショッピングモール(Jセンターモール)やレストラン、コンビニがあるため大変便利です。
プレミアム寮に比べて料金が抑えられるのはもちろんですが、学校の敷地内にあるため寮と教室間の移動も少なく、勉強に集中することができます。
授業間の休憩時間にも自分の部屋のトイレを利用できますし、お昼休みにベッドに横になって寛ぐことも可能です。

【お部屋タイプ】…2人部屋、3人部屋、4人部屋(4人部屋は2019年2/16~ご案内できます)
※1人部屋をご希望の場合は、プレミアム寮(ホテル・コンドミニアム)をお選びください。

【設 備】
ベッド(4人部屋のみ2段ベッド)、鍵付きクローゼット、机と椅子、冷蔵庫、洗面台、エアコン、温水シャワー、トイレ、Wi-Fi
※お部屋内でWi-Fiをご利用いただけますが、休憩時間や授業後にアクセスが集中するため、繋がりにくい場合がございます。

 

オーチャードホテル

Orchard Cebu Hotelは、CIAと道路を挟んで反対側にございます。
外部寮でありながら、CIAより徒歩1分の大変便利な立地が魅力です。
内部寮と同じく、徒歩圏内にショッピングモール、レストラン、コンビニエンスストアがあります。
なお、オーチャードホテルに滞在の場合は、朝の小テストは参加必須です。

【お部屋タイプ】…1人部屋、2人部屋(2人部屋は他人同士の相部屋ですので、お一人でもお申し込み可能です)
【設 備】ベッド、クローゼット、机と椅子、セキュリティボックス、テレビ、エアコン、洗面台、温水シャワー、トイレ、Wi-Fi
【掃除・洗濯】… どちらも週に2回
【お食事】…土日も含めて、CIAの食堂で提供
【その他】…ホテルですが、寮の代わりに使用するためアメニティ類はついておりません。ご自身でご用意下さい。

 

シティスケープホテル

Cityscape Hotelは、CIAから車で約10分の場所にあり、学校からは無料のシャトルバスが出ています。
周辺にはレストラン、カフェ、ファーストフード店、スーパー、マッサージ店があります。
シティスケープホテルにご滞在の場合、朝の小テストは必須ではなく参加自由となります。

【お部屋タイプ】…1人部屋のみ
【設 備】…ベッド、クローゼット、机と椅子、冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗面台、温水シャワー、トイレ、Wi-Fi
※17階にスイミングプールがございます

【掃除・洗濯】…どちらも週に2回
【お食事】…土日も含めて、CIAの食堂で提供
【シャトルバスサービス】… 登校時07:30、下校時19:10(土日・祝日は食事時間に合わせて3回運行)
【その他】ホテルですが、寮の代わりに使用するためアメニティ類はついておりません。ご自身でご用意下さい。

 

ミドリレジデンス

ミドリレジデンスは、CIAの外部寮として2015年6月にオープンした高級コンドミニアムです。
CIAからはシャトルバスサービスがあり、約5分で到着します。
建物も新しく快適で、自炊も可能。まるでセブで一人暮らしをしているような気分が味わえます。
ミドリレジデンス滞在の場合、朝の小テストは自由参加です。

 

【お部屋タイプ】…1人部屋のみ
【設 備】…ダイニングテーブル、机と椅子、鍵付きクローゼット、エアコン、洗面台、温水シャワー、トイレ、ヘアドライヤー、冷蔵庫、電子レンジ、IHクッキングヒーター、キッチン用品、Wi-Fi
屋外にスイミングプールあり、フィットネスジム完備

【掃除・洗濯】…どちらも週に2回
【その他】※アメニティ類のサービスはございませんので、ご自身でご準備願います。
【シャトルバスサービス】…登校07:20、下校19:10(土日・祝日は食事時間に合わせて1日2回~3回運行)

 

オーストラリアに特化!CIAワーホリコース

CIA Working Holiday Lesson

 

CIAのワーキングホリデー強化コースは、「オーストラリアでのワーホリ」に特化している点が、他校と異なる特徴です。

現地ですぐに働き始めることを想定し、英語でのインタビュー(面接)の練習や英文履歴書の作成指導、オーストラリア英語のアクセントへの対応などを学びます。

 

コースの期間

・1週間からお申し込み可能(できれば4週間での受講がおすすめです)

 

授業数

・マンツーマン授業×4コマ(うち2コマがワーホリ対策授業)

・小グループ×2コマ(うち1コマがワーホリ対策授業)

・中グループ×1コマ

・大グループ×1コマ

・自習(必須)×2コマ

 

必要な英語レベル

・初心者から受講できます

 

テキストについて

学校オリジナルではなく、様々なテキストから役立つ内容を抜粋して使用しています。

 

ワーホリ専用授業の内容

CIAのワーキングホリデーコースは、マンツーマン授業の2コマとスモールグループの1コマがワーホリ専用授業となります。

マンツーマン授業の「SURVIVAL ENGLISH」はワーホリ中の生活面、仕事面で必要な英語の知識や英語表現などを学んでいきます。
マンツーマン授業の「JOB PREPARATION」は、履歴書の作成や電話対応、面接の対応などを実践を通して学んでいきます。

ワーキングホリデーコースのスモールグループクラスでは、オーストラリアの文化や注意すべき発音等を学んでいきます。

 

まとめ

いかがでしたか。

4校ともそれぞれに個性が際立つ学校でしたね。

気軽にワーホリ対策をしたいなら、セブの3D ACADEMYは1週間からお申し込み可能です。

もっとじっくりワーホリの対策をしたいなら、4週間コースのBaguio JICがおすすめです。また、ワーホリ先の国がオーストラリアの方は、CIAはオーストラリアに特化しています。

さらに完璧に準備を整えたい方は、12週間かけてみっちりと学び、40時間におよぶカフェでのトレーニングも含まれたA&Jを、ぜひご検討くださいませ。

自信を持ってワーホリに臨むために、フィリピン留学をぜひご活用ください!