フィリピン留学一番の食事!Howdyとは!?

フィリピン留学って食事はあまりおいしくないイメージがありますよね。

食事がおいしくないとストレスにもなります・・・

そこで今回はフィリンピンの学校の中で一番食事が美味しいといわれているHowdy English Academyをご紹介します!

レストラン顔負けの美味しい食事が毎日食べられる!学校のお部屋や設備も衛生的でとってもきれいです!

フィリピン教育の第一人者がヘッドティーチャーとなり授業プログラムや講師教育も担当し、日本人に合わせたカリキュラムを作成。

まさに日本人のためにあるHowdy English Academy!

敷地内にショッピングモールがる抜群の立地です。

Howdyなら日本と環境の違うフィリピンでもストレスを最小限に抑えた語学留学ができちゃいます!

Contents

Howdyってどんな学校?

まずは簡単にHowdyの基本情報をご紹介しますね!

日本人スタッフがとても多いのが特徴です!

学校基本情報

設立年度:2014年

資本:日本資本

学生定員数:約140人

講師数:約70人

日本語スタッフ:日本人職員4名、学生スタッフ5名

日本人比率:90%(目安としてお考えください。)

学校設備:自習室、学生ラウンジ、売店、無線LANインターネット

学校規則

門限:日曜~木曜22時/金土祝日前26時

※週末などにご旅行や外泊などを考えておられる場合は事前に学校へ申請してください。

禁止事項:

・寮内での炊事・飲酒禁止

・学生、寮内禁煙(屋外に喫煙場所あり)

・異性の部屋への出入り禁止

ランドリー/クリーニングサービスについて

洗濯は2回/週、ご自身でショッピングモール内の洗濯屋へ出してもらいますが、費用は学費に含まれているのでお店でわざわざお支払いする必要はありません。

掃除は1回/週、所持品の紛失や盗難トラブルを防ぐために、生徒さんの立ち合いのもとで掃除サービスを行っています。

Howdyの魅力

快適な寮に滞在できる

Howdyの寮で使われているベッドや家具類は学校の隣にある工場で作られている特注品!

ベッドの下へキャリーバックが収納できるように設計されていたり、トイレはフィリピンではとっても珍しいウォシュレット付き!水圧も強いのため日本と同じ感覚で使えます。

お部屋のエアコンは温度調節ができ電気を使いすぎた場合の生徒様による追加負担もありません。

さらに鍵付きのロッカーがあり、出入口のドアも電子カードキーとなっているのでセキュリティも万全!

キーを抜けば自動的にお部屋の全ての電源が1分後にOFFとなるなど、日本のホテル顔負けのお部屋環境をご用意しています!

フィリピン留学Howdyの2人部屋

日本人シェフによる美味しい食事が食べられる

フィリピンの語学学校ではよく「日本食レストランで働いてたフィリピン人スタッフが食事を作っているから、日本人の口にあった食事を提供できています。」と謳っていますが、実際は日本人が満足する味を提供できていないこともしばしば・・・

ですがここHowdyの食事を作っているのは正真正銘の日本人キッチンインターンスタッフ!

日本人の口に合ったものだけでなく、和・洋・中・フィリピン料理など、どのテーマの料理も抜群のお味です!!

さらに、フィリピンのお水は硬水がほとんでですが、これを全て軟水へ変えて調理しているこだわり様!

朝・昼はバイキング形式で夜は好きなメニュー(有料)を選べるようになっていて、カフェが開いている間はコーヒーや紅茶も飲み放題です。

フィリピン留学Howdyの食事風景

人気のオーガニックコスメが買える

フィリピンで日本人にも人気の「human nature」はフィリピン発のオーガニックコスメブランドです。

人気の秘密は有害化学物質フリーのオーガニック商品に関わらず、とってもお手頃な価格で手に入れることができるから。

フィリピン留学するときに女性はまず、「化粧水などのスキンケア用品をどうしよう」と悩むと思います。長期であればあるほど荷物整理のときに考えちゃいますよね。

Howdyでは学校内にhuman natureの信頼できるスキンケアグッズが買えるのでそんなご心配も無用。

その他にもシャンプー、石鹸、リップクリーム、虫よけスプレーなど様々な商品を取り揃えており、自分にだけでなくお土産としても大人気です。

ぜひお試しください!

フィリピン留学Howdyの売店

Howdyのプログラムと講師について

日本人に最適なプログラムをご用意

セブで有名な大学の教育学部で長年教育指導を行いながら、世界中で教育学・言語学の研究を重ねてきたフィリピン教育の第一人者がHowdyのカリキュラムや教育指導を担当しています。

「日本人にとって最適な英語学習法」を個人個人のニーズを分析しながら指導をしており、心理学を含めた視点から生徒のモチベーションが高く維持できるように工夫されています。

安定したティーチングスキルを持つ講師陣

先程ご紹介したフィリピン教育の第一人者の厳しい採用条件をクリアした講師が揃っており、入社後も定期的な講師研修を行うことで質の高い授業を保てるようにしています。

実際に授業中の授業の様子や、講師の出欠確認を行っているのもフィリピン人講師。

つい話が盛り上がり大きな声を出したりして他の生徒さんの迷惑になっていないかなども、フィリピン人講師が教室をラウンドしチェックしています。

フィリピン留学Howdyのオフィス

一日のスケジュール

一例としてスタンダードコースのスケジュールをご紹介します。

 7:00~8:20     朝食
 8:30~9:20  マンツーマンクラス
 9:30~10:20  マンツーマンクラス
 10:30~11:20  マンツーマンクラス
 11:30~12:20  グループクラス
 12:30~13:20     昼食
 13:30~14:20  マンツーマンクラス
 14:30~15:20  マンツーマンクラス
 15:30~16:20  グループクラス
 16:30~17:20    自由時間
 17:30~20:30     夕食

※ピークシーズンの場合、朝食6:30~8:30、昼食11:30~13:30となります。

全ての英語レベル対象「一般英語コース」

スタンダードコース

1日にマンツーマンが5コマと少人数からなるグループクラスが2コマの基本的なコースで、適度な授業数により自習時間の確保がしやすくなっています。

一般英語コースでは「スピーキング」「リーディング」「ライティング」「グラマー」「発音」「発声」などを組み合わせた総合英語を学べます。

グループクラスでは生徒最大6名からなり、「ディスカッション」「ボキャブラリー」「ゲーム」「劇」「発声」「発音」などが行われています。

 1週間  4週間  8週間  12週間  16週間
1人部屋 US$722 US$2,108 US$3,984 US$5,928 US$7,872
2人部屋 US$626 US$1,724 US$3,216 US$4,776 US$6,336
4人部屋 US$575 US$1,520 US$2,808 US$4,164 US$5,520

※2人部屋のお申込みは、親子、夫婦、兄弟、姉妹、同性のご友人のみの受け付けとなっています。

フィリピン留学Howdyのグループクラス

マンツーマンコース

1日9コマ全ての授業がマンツーマンのコースです。

グループクラスで他の生徒さんと授業を受けることに不安がある方や、一人で集中して勉強したい方におすすめです。

フィリピン人講師を独り占めして自分のペースで学習することが可能です!

 1週間  4週間  8週間  12週間  16週間
1人部屋 US$872 US$2,708 US$5,184 US$7,728 US$10,272
2人部屋 US$776 US$2,324 US$4,416 US$6,576 US$8,736
4人部屋 US$725 US$2,120 US$4,008 US$5,964 US$7,920

※2人部屋のお申込みは、親子、夫婦、兄弟、姉妹、同性のご友人のみの受け付けとなっています。

エンジョイコース

1日にマンツーマン3コマとグループクラス1コマで構成されています。

プライベートな時間がしっかりと確保できるため、お仕事の都合で1日しっかり授業を受けることが難しい方や、空いた時間で遊びに出かけてセブを満喫したい方におすすめです。

 1週間  4週間  8週間  12週間  16週間
1人部屋 US$672 US$1,908 US$3,584 US$5,328 US$7,072
2人部屋 US$576 US$1,524 US$2,816 US$4,176 US$5,536
4人部屋 US$525 US$1,320 US$2,408 US$3,564 US$4,720

※2人部屋のお申込みは、親子、夫婦、兄弟、姉妹、同性のご友人のみの受け付けとなっています。

Howdyマンツーマン教室

中級~上級者向け「ビジネスコース」

クラス内容

Howdyのビジネスコースは1日9コマ、マンツーマンコース6コマとグループラス3コマから構成されています。

ビジネスシーンに必要な英語表現やシチュエーションを想定したコースで、ビジネスに直結した英語能力を高めたい方におすすめします。

マンツーマン授業では、一般英語とビジネス英語を生徒さんそれぞれのレベルや目的に合わせて組み合わせています。

グループクラスではプレゼンテーション、ディスカッション、ビジネスマナーなどを学ぶことができます。

法人研修の受け入れも多く実績があります!

ビジネスコース費用

 1週間  4週間  8週間  12週間  16週間
1人部屋 US$772 US$2,308 US$4,384 US$6,528 US$8,672
2人部屋 US$676 US$1,924 US$3,616 US$5,376 US$7,136
4人部屋 US$625 US$1,720 US$3,208 US$4,764 US$6,320

※2人部屋のお申込みは、親子、夫婦、兄弟、姉妹、同性のご友人のみの受け付けとなっています。

親子留学コース

お子様に合わせたプログラムをご用意

3歳~15歳のお子様と一緒の親子留学コースとなります。

お子様のスケジュールに合わせて親御様も授業を受けることが可能です。

3~6歳:1日に2~3時間のグループレッスンです。

英語保育には親子での参加もでき、留学を終え日本に帰ってからご家庭でも英語教育が継続できるように、英語保育のアプローチ方法を学ぶことができます。

6~9歳:1日グループレッスン3コマが午前と午後にあり、合わせて6コマのクラスを受講できます。

9~15歳:1日マンツーマンレッスンを6コマ受講できます。

親子留学コースの費用

 1週間  4週間  8週間  12週間  16週間
     2名様 US$982 US$2,679 US$4,986 US$7,402 US$9,818
     3名様 US$1,538 US$4,044 US$7,462 US$11,063 US$14,664
    4名様 US$1,800 US$4,704 US$8,666 US$12,845 US$17,024
4名様以上(1人追加毎に加算) US$450 US$1,176 US$2,166 US$3,211 US$4,256

※3名様は3人部屋+エキストラベッドで対応しています。

※親子留学コースは親御様1名(父or母)+お子様の人数となります。親御様2名(父・母)で揃って留学される場合、1名様は一般英語コースをご選択ください。

フィリピン留学Howdyのキッズルーム

コース料金以外に必要な費用について

日本で必要な費用

入学金:US$120

渡航費用:各自で手配をお願いします。

海外旅行保険:必ず各自で加入するようお願いします。

ピックアップ費用:マクタン空港からHowdy校までスタッフが無料でお出迎えしますが、日曜日以外は有料となっています。

現地で必要な費用

SSP費用:6,500ペソ(外国人がフィリピンで勉強するために必要な許可証です。)

ACR I-CARD費用:3,000ペソ(61日以上フィリピンに滞在する方に必要な外国人身分証明カードです。)

学生証発行費:300ペソ(学校で使用する学生証です。)

教材費:約1,500ペソ~

・1、2週間/約1,500ペソ

・3週間/約2,000ペソ

・4週間/約2,500ペソ

※授業の取り方によって変わりますので目安としてお考えください。

ビザ延長費:

 30日以内の滞在  0ペソ
 5~8weeks  3,300ペソ
 9~12weeks  7,930ペソ
 13~16weeks  10,560ペソ
 17~20weeks  13,190ペソ
 21~24weeks  15,820ペソ

夕食オプション:200ペソ(1食あたり200ペソ~ご選択できます。)

その他に現地で必要な費用

出国税:750ペソ(フィリピンから日本へ帰る際、空港で必要な費用です。)

帰りのタクシー代:約200ペソ(帰国日にセブ・マクタン空港までの帰りのタクシー代の目安です。)

お小遣い:日本円で1~3万円/月あれば十分に生活できますが、個人差があります。

フライトの都合で延泊する場合:

・1人部屋/1泊あたり1,900ペソ

・2人部屋/1泊あたり1,350ペソ

・4人部屋/1泊あたり1,000ペソ

インターン生も大募集

インターンとは?

簡単に説明すると、半日学校スタッフとして働き、残りの半日は英語の授業を受けることができるというものです。

スタッフとして働きますが無給なのでその代償として、授業料・寮費・生活費などが無料になり、数十万とかかる留学費用を浮かせることができます。

インターンのメリットは金銭面だけでなく、海外での就業経験を積むことができ、インターン生の能力次第でその学校の正社員として雇用されるようになったり、日本へ帰国後の転職活動に経験を活かすことができるなどがあります!

海外で働いてみたい方や少しでも安く英語の勉強をしたい方にはとっても魅力的な制度ですね!

フィリピン留学Howdyインターンオフィス

Howdyインターンの待遇

基本的に金銭報酬はありませんが、以下の費用を全て負担してもらえます。

・英語マンツーマン授業(教材費含む)

・宿泊費

・食事1日3食

・水道/光熱費

・掃除/洗濯

・ビザ延長代/SSP/ACRIカード/学生証発行費

Howdyインターンの仕事内容と勤務時間

【仕事内容】

・新入生送迎(ピックアップ)

・学生サポート(授業・生活相談、病人対応など)

・学生資料の準備、作成

・各種イベント、アクティビティの企画

・学校関係書類作成

・SNS更新(Facebook、インスタなど)

【勤務時間】

8時30分~19時の勤務時間のうちインターン業務:6時間、授業:3~4時間となっています。(休憩1時間あり)

休日は1~2日/週です。

インターン期間は原則6か月以上としていますがご相談ください。

Howdyの推奨ポイント

敷地内にショッピングモールあり!

Howdy校のすぐ目の前には、Insular Squareというショッピングモールがあり、スーパー、レストラン、カフェ、薬局、美容室、両替所、銀行など生活に必要なもの全てが揃っているます!

わざわざタクシーに乗って買い物に行く必要がないのでとっても便利ですね!

Howdy隣のショッピングモール

 

スタッフのサポート体制も万全

Howdy校のレセプションには24時間フィリピン人スタッフがいるので、時間を問わずすぐに対応してくれてます。学校の出入り口にも24時間ガードマンが警備しておりセキュリティも安心。

また、なんといっても常に日本人スタッフが複数名いるので、万が一の時でも日本語で丁寧にフォローしてくれるのは本当に心強い味方ですよね!

日本とは環境の異なるフィリピンでの留学生活では、勉強だけでなく生活面でも気になることや疑問点などは必ず出てくると思います。

そうしたちょっとしたお悩みや相談事も遠慮なく話せる環境がHowdyにはあります!

医療サポートも安心

校内にはクリニックが2部屋あり、体調のすぐれない時はすぐに相談でき2回/週で往診もあります。医療通訳付きで必要に応じて薬の処方もしてもらえます。

万が一病院への受診を希望する・必要とする場合はスタッフが病院へも同行してくれるのでご安心を。

Howdyはこんな人におすすめ!

日本クオリティの環境で生活したい

Howdyでは日本人が満足できる食事の提供や、きれいな設備、スタッフサービスが行き届いた学校です!

勉強以外のストレス・生活面でのギャップをなるべく少なくしたい方、日本人に合った環境を求めてフィリピン留学をしたい方には本当におすすめ!

シニア層にも人気の学校となっているほど、高品質と安心の環境を提供できています。

フィリピン留学Howdyのランチ

信頼できる講師の授業が受けたい

Howdy校で採用しているフィリピン人講師は全て、4年生の教育学部を卒業した先生のみ!

さらに「教育に対する情熱を持っているかどうか」も採用時に重要視されているポイントで、信頼できる英語養育のプロフェッショナルが、生徒さんそれぞれのレベルに合わせた授業を行っています。

「Advisor-Advisee制度」という一人のフィリピン人講師が一人の生徒さんを卒業するまで担任するという制度があるのも安心できるポイントです。講師の変更も気軽にできますよ。

安全・安心の親子留学したい

親子で一緒に参加できる授業プログラムがあるだけでなく、グループクラスの向かいの部屋がキッズルームとなっているから、親御さんは授業の間でも子どもさんの様子を伺うことができます。

Howdyの清潔感のある綺麗な設備の中で、衛生面にも安心な環境で親子留学を楽しみたい方にはおすすめです!

短期留学がしたい

フィリピンでは日本の祝日事情とは大きく異なり、祝日が突如制定されることがあります。

これに合わせて語学学校が休校になり滞在中にレッスン日が減ってしまったり、休日の授業費用が追加で必要となってしまうことがあります。休校日が多い学校では年間20日以上あるところも・・・

ですがここHowdyでは、年間の休校日がわずか4日程度!フィリピンの祝日にも授業が行われる日が多いんです!

1~2週間の短期留学の方で、特に1日でも授業を削りたくないと思っている方にはおすすめです。

また、Howdyでは入学初日から授業を受けることも可能です!

Howdyへの留学を検討中の方はぜひお問い合わせくださいませ!