【2019年更新】社会人のフィリピン留学!門限がない学校一覧

フィリピン留学を検討している社会人の方に必見!

フィリピン留学では基本的に各学校で門限が設定されています。

でも大人になると夜遅くまで出かけたい日もありますよね?

そこで今回はフィリピンの語学学校で門限がない、自由な学校をまとめてみました。

“せっかく海外にいったのに門限があるなんて困る!”という方はぜひご覧ください。

Contents

フィリピンの学校には門限がある?

“門限って何?学校なのに門限があるの?”と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかしフィリピンのほとんどの語学学校では、“門限”があります。

門限は22時の学校もあれば、24時頃に設定している学校がございます。

フィリピン留学ではほとんどの学校は門限を設定

フィリピン留学ではなぜ門限があるのでしょうか?

それにはいくつか理由があります。

 

・勉強時間の確保

・安全の問題

・生活規則の問題

 

語学学校に通う方には未成年の学生さんが多いため、親御さん方が心配するケースが多いのです。

またフィリピン留学は基本的に寮生活となりますので、生活面も学校が管理することとなります。

日本とは違い海外生活を行うということは、親の目から離れた場所で生活するということです。

せっかくフィリピンに留学へ行ったのに、毎日勉強をしているか?夜遊びしていないか?体を壊していないか?などなど・・

親御さん方は、留学している子供たちをとても心配しています。

その心配を少しでも解消できるようにと作られたのが“門限”です。

“門限”を作ることで、勉強時間がしっかり確保されます。

また、夜中に外へ出歩くこともないので何かの事故に巻き込まれることもなく、規則正しい生活を送れるのです。

 

ただ難点としては、20歳以上の大学生&社会人、もしくは自己管理がしっかりできている方にとっては、“門限”があるとせっかくの海外生活を謳歌できないかもしれません。

せっかく海外にきたのであれば、夜中まで仲間と一緒にお酒を飲んだり、泊まりの旅行もしたいですよね・・!?

また、自由な学校でもレッスン数は規則の厳しい学校とあまり差はございません。

レッスンはしっかりやるけど、放課後は遊びたい!という方にも門限の無い語学学校はオススメです。

中には外出できない学校も?

フィリピンの語学学校はたくさんあるので、各々の学校で規則が異なります。

スパルタ校とよばれている語学学校は、平日は外出自体不可という規則を掲げている場合があります。

“外出不可でどうするの?”と思われる方もいらっしゃると思いますが、スパルタ校なので、勉強漬けになるのです。

一定のニーズとして、勉強漬けになるためにフィリピン留学を希望する学生たちがいるのです。

日本人経営に門限がない学校が多い

フィリピンの語学学校は、韓国人、もしくは日本人が経営されている学校が多いです。

韓国人経営の語学学校は、どちらかというとスパルタやセミスパルタが多く、門限がある学校が多いです。

そのため、勉強漬けになることができるメリットがあります。

日本人経営の語学学校は、ある程度、自由な風土があるため門限がない学校が多いです。

日本人のニーズとして、ある程度自由な形で留学をしたいと希望する方が多いようですね!

また、基本のレッスン時間はスパルタ/セミスパルタ/自由な校風でも大きく差はございません。

スパルタ/セミスパルタの場合は、授業後に強制的な自習時間が2~3時間追加されます。

門限がない学校を選びたいなら、日本人経営の語学学校と認識してもらえればよいです。

First English Global College(ファースト・イングリッシュ・グローバル・カレッジ)

fegc01

 

First English Global Collegeは、フィリピンのセブ・マクタン島にある自由な校風で有名な日本人経営の語学学校です。

自然豊かなリゾートエリアにあり、目の前は海!そして一流ホテルが近くにあります。

日本人に効果的なカリキュラムが作成されており、平日はしっかり勉強でき、夜や休日は遊ぶことができます。

社会人は門限無し!自由だけどしっかり勉強!

First English Global Collegeは社会人であれば門限はございませんが、安全上の問題から学生や未成年には門限がございます。

また、学校の定員は80人程度ですので、非常にアットホームな語学学校です。

自由な校風なので、留学生の仲もよく、簡単に友達が作れるますよ!

First English Global Collegeの1日のスケジュール

◇月曜日~金曜日

07:00~07:50 朝食

07:50~08:00 単語テスト

08:00~11:50 授業

12:00~13:30 昼食

13:30~17:20 授業

17:30~18:20 追加授業または自習

18:30~20:00 夕食(※この時間から外出OK!)

 

◇土曜日、日曜日

終日フリー

(基本的に終日フリーですが、ご希望があればレッスンを最大9コマ受講することも可能です)

チェックしておきたいFirst English Global Collegeの学校規則

◇門限

20歳以上:門限なし(学生の場合は20歳未満扱いとされます)

20歳未満:日曜日~木曜日23時/金曜日、土曜日1時

※高校生以下は平日親御様の許可なしでの外出はできません

 

◇喫煙・飲酒

学校・寮内は禁煙です。

タバコを吸う場合は、学校のクラスルーム近くにある喫煙所を利用してください。

売店でお酒が売っており、寮内で飲酒が認められています。

フィリピンの語学学校ではとても珍しいです。

※未成年は禁煙・禁酒です。

 

◇両替

月曜日~土曜日の12時にカフェテリア前で両替ができます。

※当日の10時までにオフィスにて申し込みをする必要があります。

 

◇授業遅刻・欠席

10分以上遅刻した場合は欠席とします。

欠席した場合の補講は行いません。

 

◇寮の部屋

夫婦の場合を除き、異性の部屋に入ることは禁止です。

用件があれば、コミュニティラウンジをご利用ください。

 

First English Global Collegeのおすすめコース

◇English Starterコース(費用:$710~)

英語を勉強するのが初めての方へおすすめのコースです。

英語の基礎から丁寧に講師陣が指導してくれます。

全てのクラスがマンツーマンで、1日8時間授業を受けることができます。

 

◇Perfect MtoM コース(費用:$760~)

フィリピンでもほとんどない1日9時間オールマンツーマンのコースです。

短期間で英語能力を伸ばしたい方へおすすめのコースです。

 

First English Global Collegeの紹介ページはこちらから
https://www.firstenglish.jp/school/fea.html

 

MeRISE English Academy(旧MBA)

 

MeRISEは、社会人が新たなキャリアアップを目標としている、社会人向けの語学学校です。

英語の勉強だけではなく、ビジネス環境(ビジネス人脈、国際経験)や住居環境(プライベート、利便性、清潔さ)も整っていると評判の学校です。

日本でも有名な大手企業の社員が留学しているなど、社会人の留学先として注目されています。

MeRISEは門限無し!

MeRISEは基本的に社会人で構成されているので、もちろん“門限は一切ありません”!

MeRISEで知り合った仲間たちと一緒に、フィリピンの夜を満喫できるでしょう。

食事は、宿舎内のレストランでとることができますが外出される方が多いのも特徴です。

 

MeRISEの1日のスケジュール

◇月曜日~木曜日

08:00~08:30 朝食

09:00~11:50 授業

11:50~13:00 昼食

13:00~17:50 授業または自習

17:50~ 自由時間

 

◇金曜日

08:00~08:30 朝食

09:00~11:50 授業

11:50~13:00 昼食

13:00~13:50 プレゼンテーション

15:00~  卒業式&自由時間

 

◇土曜日、日曜日

終日フリー

 

MeRISEのおすすめコース

◇ビジネス英語コース(費用:105,000円~)

MeRISEで一番人気があるコースです。

ビジネスの場で通用する英語を取得できるためのカリキュラムが豊富に揃っています。

会議や交渉、各々の生徒の業界に即したテーマでのディスカッションなど今後利用するであろうシーンを想定した授業を行います。

 

◇日常英会話実践コース(費用:105,000円~)

日常生活で利用する英語を集中的に学ぶことができるコースです。

身の回りのテーマを取り上げてマンツーマン中心で授業ができるので、このコースを受講すれば日常会話に自信がもてるようになるでしょう。

 

MeRISEの紹介ページがこちらから
https://www.firstenglish.jp/school/merise-english-academy/

KIRIHARA Global Academy(旧FEA)

 

KIRIHARA Global Academy(KGA)は“セブシティ校”と“セブプレミアム校”の2つの学校を運営している日本人経営の語学学校です。

1校あたり、留学生は25人までと上限があるため、少人数でアットホームな雰囲気の学校です。

どちらの学校も宿泊施設がホテルというのが特徴で、社会人に人気の語学学校となっております。

門限の無いホテルタイプの留学!

KIRIHARA Global Academyは、もちろん門限はございません。

ホテル滞在タイプの語学学校ですので、快適にお過ごしいただける学校です。

ホテルはセブシティ校はビジネスホテルレベル、セブプレミアム校はよりグレードの高いホテルとなります。

 

セブプレミアム校は社会人や年配の方が多く人気の学校です。

 

ダイビングの練習風景

KIRIHARA Global Academyの1日のスケジュール

◇月曜日~金曜日

07:00~08:00 朝食

08:00~11:50 授業

11:50~13:00 昼食

13:00~16:50 授業

16:50~ 自由時間

※レッスンを追加することもできます

 

◇土曜日、日曜日

終日フリーですが、週末も追加レッスンを受けることができます。

 

KIRIHARA Global Academyのおすすめコース

◇セブシティ校 ベーシックコース(費用:100,830円~)

ベーシックコースでは、1日マンツーマン授業6コマ、グループ授業2コマを受けることができます。

会話、文法、TOEICなど色々なカリキュラムがあるのでご自身が希望したカリキュラムを受けることが出来ます。

セブプレミアム校に比べてリーズナブルで学べるため、留学費用を抑えながら勉強をしたい方へおすすめです。

 

◇セブプレミアム校 オールマンツーマンコース(費用:82,000円~)

全てのレッスン(1日8コマ)がプライベートレッスンとなります。

1人1人に合ったカリキュラムで構成されるため、学びたい内容を学ぶことができます。

ラグジュアリーにプライベートレッスンを受けたい方へおすすめです。

 

KIRIHARA Global Academyの紹介ページはこちらから
https://www.firstenglish.jp/school/fea_cebu_premium/

PICOフィリピン英会話研修センター(ピコ)

 

PICOはフィリピン・マニラにある日本人経営の語学学校です。

ビジネスマンが多く通う語学学校で、30代~70代の方が多いフィリピン留学では珍しい語学学校となっております。

宿泊施設はコンドミアム・ホテルタイプと好きなタイプを選ぶことができる学校です。

門限無し!快適な留学環境が魅力のPICO

PICOはビジネスマンが多い語学学校ですので、もちろん門限はございません。

学校周辺には大きなショッピングモールが複数あり、飲食店も300店舗以上ございます。

ほかのエリアと比べると、お店数が非常に多いので、授業後は外食したり、買い物を楽しむことが出来るのもマニラの語学学校ならではの魅力です。

 

PICOの1日のスケジュール

PICOは生徒様の留学目標にあわせてスケジュールを決定いたします。

そのため、こちらのスケジュールはあくまで一例となります。

 

◇月曜日~金曜日

08:00~08:30 朝食

09:30~12:30 授業

12:30~13:30 昼食

13:30~17:30 授業

17:30~ 自由時間

 

◇土曜日、日曜日

コースによってスケジュールがことなります。

(基本は終日自由となります)

 

PICOのおすすめコース

◇Intensiveコース(費用:127,000円~)

マンツーマンレッスンを中心に目的にあった勉強が出来るコースです。

Intensiveコースは土曜日もレッスンが受講できるコースですので、短期留学の方におススメのコースとなります。

 

PICOの紹介ページはこちらから
https://www.firstenglish.jp/school/pico/

Genius English(ジーニアス・イングリッシュ)

ジーニアスイングリッシュ

 

Genius Englishは、フィリピンの空港があるマクタン島にある、ロシア人経営の語学学校です。

ロシア資本のため学校の特徴として、国際色豊かな留学生が集まっているという点と、ネイティブ講師が在籍している点があげられます。

多くの他の語学学校ではフィリピン人が講師を担当していますが、Genius Englishはネイティブ講師に力を入れています。

また、年齢層も平均30歳前後とセブ島では非常に珍しい学校です。

自由な校風のロシア人経営校!

Genius Englishはロシア人や中東の留学生が多い語学学校です。

年齢層も30代前後と比較的高く門限はございますが、帰宅時間の目安としての門限となります。そのため門限を過ぎたとしてもペナルティはございません。

各自の判断で遅くまで外出することができます。

色々な国の方が留学していますので、多国籍な語学学校をお探しの方におススメです。

Genius Englishの1日のスケジュール

◇月曜日~金曜日

07:00~08:00 朝食

08:00~11:50 授業

12:00~13:00 昼食

13:00~16:50 授業

17:00~18:00 夕食

18:00~ 自由時間

 

◇土曜日、日曜日

終日フリー

 

ジーニアスイングリッシュのお部屋

チェックしておきたいGenius Englishの学校規則

◇門限

金曜日や土曜日など休日前に外泊する場合は、学校に事前に届出を出す必要があります。

 

◇喫煙・飲酒

指定された喫煙スペースと寮内のバルコニーで喫煙可能です。

寮の室内で喫煙した場合、清掃費用の負担が必要となるので注意してください。

施設内では飲酒は禁止されていますが、寮内では飲酒が認められています。

 

◇寮の部屋

異性の部屋への立ち入りは禁止です。

罰則として、1回目は警告および罰金、2回目は返金なしの退学処分となります。

Genius Englishのおすすめコース

◇General English Bコース(費用:86,250円~)

初級者から上級者までどのレベルの方でも受講することが可能なコースです。

それぞれのレベルに合わせたカリキュラムが用意されるので安心して勉強ができます。

1日の情行数はマンツーマンレッスンが6コマ、グループレッスンが2コマです。

グループ授業は全てネイティブ講師が担当します。

 

 

また、ビジネスレッスンを受講したい方には、ビジネスコースもございます。

ネイティブ講師から受けるビジネスレッスンは非常におすすめですよ!

 

Genius Englishの紹介ページはこちらから
https://www.firstenglish.jp/school/genius%20english.html

QQ  English(キューキュー・イングリッシュ)

QQ English

 

QQ  Englishはセブ島最大の日本人経営の語学学校です。

経済特区のITパークにある“ITパーク校”と、高級リゾート地区にある“シーフロント校”があり、どちらの学校で勉強するか選択することができます。

ITパーク校は、多くのお店が立ち並ぶ、セブの中でとても活気のある地区にあります。

スターバックスやマクドナルドなど日本で馴染みのあるお店もたくさんありますよ!

シーフロント校は、海沿いにあるので景色は絶景で、また高級ホテルが立ち並んでいる場所のため、安全な場所であるといわれています。

周辺ホテルに併設されているレストランやバーで食事を楽しむことができますよ!

自由な校風が魅力!フィリピン最大規模の日本人経営校

 

 

QQ  Englishはフィリピン留学の中でも最大規模の日本人経営校です。

2つのキャンパスから選ぶことが出来ますが、もちろんどちらのキャンパスも門限はございません。

両方とも魅力的な学校なので、どちらの学校に通うか悩みますよね。

ITパーク校はセブシティの中心部ですので、授業後に遊びに行きたい方におススメです。

シーフロント校は自然が多いエリアにございますので、親子留学におススメのキャンパスとなっております。

QQ  Englishの1日のスケジュール

◇月曜日~金曜日

07:00~09:00 朝食

09:00~12:00 授業

12:00~13:00 昼食

13:00~18:00 授業

18:30~19:00夕食(※この時間から外出OK!)

 

◇土曜日、日曜日

終日フリー

 

QQ  Englishのおすすめコース

◇スタンダードプランコース(費用:71,500円~)

初級者から上級者までどのレベルの方でも受講することが可能なコースです。

予習復習がしっかり確保できる時間配分が組まれたコースなので、長期学習を希望する方におすすめのコースです。

マンツーマン授業が6コマ、グループ授業が2コマ受講できます。

なお、2週間以上申し込みの方は、ITパーク校とシーフロント校の両方に滞在することが可能ですよ!

 

QQ  Englishの紹介ページはこちらから
https://www.firstenglish.jp/school/QQ01.html

まとめ

門限のない自由な学校はこんな人にぴったり

フィリピン留学で、勉強も遊びも満喫したい方へ、門限のない自由な校風の語学学校をおすすめします。

基本的にフィリピンの語学学校は、欧米の語学学校に比べて授業量が多いのが特徴的です。

そのため、スパルタ校やセミスパルタ校のように、規則に厳しく毎日英語の勉強漬けになる学校が多いのですが、やはり海外にきたのであれば、勉強だけではなく遊ぶこともしたいですよね!

学校の外へ行くことによって、本場の英語を話す機会が増えるのでそれもまた良い経験になりますし、良い勉強になるのです。

教室の勉強では学ぶことができないものを、外へ出て学びましょう!

未成年には門限の設定もあるので注意

門限”ですが、未成年の方については、別途門限設定を定められる場合がありますのでご注意ください。

また、海外なので、日本とは違い安全ではない地域や場所があるので、そのような場所は避けてください。

最後に、フィリピンは銃社会です。

拳銃なんて見たことがない人が大半だと思いますが、フィリピンでは一般人でも拳銃を所持することができるので、危ない行動は避けるようにしてください。

フィリピン留学のお問合せはファーストイングリッシュへ!

今回は、“フィリピン留学の門限がない学校一覧”についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

フィリピン留学について少しでも興味のある方は、まずはご連絡ください。

フィリピン留学のスペシャリストが、あなたの留学ライフについてご相談を承ります。