フィリピン留学体験談CIA(セブ島)Erinaさん

・Erinaさん

・20代

・女性

・滞在期間16週

・2016年6月13日から2016年9月30日まで留学(インタビュー時14週目)

フィリピン・セブ島のCIA(Cebu International Academy)に留学したErinaさんの留学体験談をインタビュー形式でご紹介します。

オーストラリアでのワーキングホリデーの前に英語力をつけるためにフィリピン留学を決めたErinaさん。CIAでの生活や英語力の変化についてお話しいただきました!

二か国留学でも一度帰国するべき!

インタビュアー ユウ

「今日はインタビューよろしくお願いします。Erinaさんは留学は初めてですか?」

 

Erinaさん

「初めてです!フィリピン留学のあとにそのままオーストラリアに一年間ワーホリに行く予定です。」

 

インタビュアー ユウ

「二か国留学なんですね。一度日本に帰らずそのままオーストラリアに行かれるんですか?」

 

Erinaさん

「そうです!最初は一度日本に帰る航空券がもったいないと思ったので、どうせ行くのならそのまま行こうと思ってチケットを取ったのですが、今思えば一度日本に帰った方がいいかなと思いました(笑)

洋服など荷物はいいんですけど、一回落ち着いて整理する時間がほしいなと思いました。こっちでの生活が楽しいので、日本が恋しいわけじゃないんですけど一度帰った方がよかったなと思います。」

 

インタビュアー ユウ

「やっぱり整理する時間はほしいですよね。」

CIAで英語漬けの毎日

インタビュアー ユウ

「3カ月滞在されてみて英語力の変化は感じますか?」

 

Erinaさん

「感じます!最初が本当に低レベルだったので、グラマーも全然知らなくで“I am from ~”のところを”I from~”って言ったりしていました(笑)

今でも文法はそんなに自信ないんですけど、ボキャブラリーが増えたので自分が言いたいことは伝えられるようになりました。

 

ここCIAだと一日10コマずっと英語を触れているので聞く力は本当に伸びたと思います。

授業中でも廊下でも英語以外を話すと罰金5ペソなので(笑)」

 

インタビュアー ユウ

「罰金制度なんですね(笑)

ずっと英語に触れれる環境というのは本当に大事だと思います!ちなみにCIAは何人の方が多いのでしょうか?」

 

Erinaさん

「ここは韓国資本の学校なので、韓国人が一番多くてその次に台湾人、日本人、サウジアラビア人が多いと思います。

CIAにきて初めてアラビア人とかかわったのですが、本当にジェントルマンです!

一緒に過ごすのでどれくらいジェントルマンかわかるんですよ(笑)

本当に日本人と違います!」

 

インタビュアー ユウ

「そういった色々な国籍の人とかかわれるのもいいですよね!」

 

フィリピン留学 CIA

 

セミスパルタ校CIAでの生活

インタビュアー ユウ

「フィリピンにはたくさん語学学校があると思うんですけど、その中でCIAを選ばれた理由を教えてください。」

 

Erinaさん

「セミスパルタ校ということで結構どの生徒さんも伸びていると聞いたからです。勉強に集中できそうだなと思いました。

なので、勉強に専念したくない人、留学を楽しい思い出として経験したい人は向いていないと思います。

先生たちも結構ストイックです。なので、勉強に集中できる環境です。

土日はみんなで遊びに行ったりしているのでオンとオフが激しいです。」

 

インタビュアー ユウ

「平日はどのような生活をされているんですか?」

 

Erinaさん

「朝は7:10から8:00の間に単語のデイリーテストを受けます。

私の場合は6:30に起きて7:30からテストを受けます。8:00までに朝ご飯を食べて、そのあと50分授業5分休憩で10コマ授業を受けます。

授業が終わるのが18:00で、19:00までに夕食を食べます。」

 

インタビュアー ユウ

「では19:00頃からようやく自由時間なんですね。」

 

Erinaさん

「そうですね。最初の頃は本当に余裕がなくて、宿題とかに追われていました。遊ぶ暇があったら勉強しないと!って気持ちに駆られていました。

今は息抜きの仕方を心得たので少し余裕が生まれました。外にご飯に行ったりしています。」

 

インタビュアー ユウ

「ずっと頑張りっぱなしではもたないですもんね。CIAの周りにはレストランなどがたくさんあるのでいいですね。」

 

Erinaさん

「学校の目の前に日本食レストランがあるんですけど、結構おいしいです!」

 

インタビュアー ユウ

「学校のごはんはいかがですか?」

 

Erinaさん

「おいしいときとおいしくないときがあります(笑)麺とご飯と揚げ物が一緒に出たりして、一食がおもたいときがあります。韓国料理がメインで、日本食はほとんどでないです。

たまに日本食風のものがでます(笑)」

 

フィリピン留学 CIAの食堂

 

フィリピン留学の期間は英語力次第

インタビュアー ユウ

「他の生徒さんはどれくらいの期間で留学される方が多いですか?」

 

Erinaさん

「2カ月くらいが多いと思います。ただ、夏休みの時期は2週間など短期の人も多かったです。」

 

インタビュアー ユウ

「そうなんですね。フィリピン留学はどれくらいの期間がベストだと思いますか?」

 

Erinaさん

「最初の英語のスキルによると思います!

結構もとから話せるんだったら3カ月は長いと思います。私みたいに初心者レベルの人は4カ月がいいと思います。実際に2カ月半いて、あと1カ月いたらもっと英語力が伸びたんだろうなと思います。

1カ月は本当にあっという間で一瞬ですぎると思います(笑)」

 

インタビュアー ユウ

「たしかにもともとの英語力によりますよね。」

語学学校選びのアドバイス!

インタビュアー ユウ

「こちらの記事はフィリピン留学を迷われている方に配信しようと思っているのですが、語学学校選びに関してなにかアドバイスをいただけますか?」

 

Erinaさん

「やっぱり日本人が多いところは避けた方がいいなと私は思います!」

 

インタビュアー ユウ

「英語が話せなくて不安で最初は日本人経営の語学学校を選ばれる方もいると思うのですが、初心者の方も日本人が少ない語学学校を選んだ方がいいと思いますか?」

 

Erinaさん

「初心者こそ日本人が少ないほうがいいと思います!英語が話せない状態で日本人がいるところに行ってしまうと日本語ばっかり話してしまうと思います。

違う国籍の人も最初は英語を話せないわけじゃないですか。お互いが頑張って英語で伝えようとするので、自分だけが話せないわけじゃないので逆に心強いです。」

 

インタビュアー ユウ

「日本人以外と話すことがモチベーションにもつながりますもんね。」

 

Erinaさん

「日本人がいたらすごく安心できるのでいてもいいんですけど、日本人にすぐに頼れる環境じゃない方がいいかなと思います。」

 

インタビュアー ユウ

「自分で頑張って英語を話そうとできる環境って大切ですよね。今日はインタビュー受けていただきありがとうございました。」

 

Erinaさん

「ありがとうございました。」

 

フィリピン留学 CIAの校舎外観

関連する学校

  • CIA

    CIAは2003年にセブ島に創立された韓国人資本のセミスパルタ校です。

    CIAはセミスパルタの校風で、月~木曜日は毎朝には単語の小テストがあります。月曜日~木曜日までの合計点数が全体の6割に満たない場合は、週末の外出が制限されるペナルティがあります。

    また、生徒様の国籍が極端に偏ることのないよう、CIAでは国籍をコントロールしている点も大きな特徴です。