フィリピン留学・セブ島留学 帰国後の進路|セブ島留学・フィリピン留学のファーストイングリッシュ

帰国後の進路
帰国後の進路は?

セブ島留学 その後の進路は?

世界の共通語である英語を習得することで、貴方の仕事や趣味に更なる可能性が出てきます。
更なるステップとして、2カ国留学として、アメリカ留学やカナダ留学へ進まれる方も多いです。

当初より、フィリピン英語留学を次へのステップのための練習として来られる方も多くはありません。

当然、留学の成果を帰国後の就職に最大限に活かす。大切なのは、何を学び、何を得てきたかという事になります。

英語が公用語として利用出来る国が数多くあり、 約80の国・地域で話されており、世界で最も多くの国・地域で使用されている言語でもあります。
アメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、シンガポール、インド、グアム、香港、ケニア等と海外へ渡航される際に英会話は必須となります。特に、社会のグローバル化に伴い、国内企業においてもグローバルな人材が求められています。
留学生にはコミュニケーション能力は当然ながら、バイタリティや社交性により強い期待感を企業は求めています。

現地で得た語学力や技術を忘れないようにすぐにそれを生かす場所に行くことが一番重要です。 言葉や技術などは放っておくと忘れていくものです。

外国人と接して自分の語学力を維持できる仕事や場所を探しましょう。

仕事面

セブ島留学 その後の進路は?

セブ島留学 後、培った英語力を活かして、就職活動に有利になったり、海外で働くことも可能に就職活動の際に英語が話せることをアピールすることができます。
英会話を習得していることはどんな業種でも何かと有利になります。
日本企業でも昇進するための条件としてTOEIC600点以上などの規定があったりします。
英語ができることであなたの社内評価が変わってきます。

英語が必要不可欠となる海外営業、貿易事務、英文会計、秘書、バイヤーなどがあります。

趣味面

英語が出来る事によって、海外旅行をより楽しく。
歴史的な建物や世界遺産などを見るだけではなく、現地の人と話をしたり、自分が見たい知りたいものを現地で体験出来るようになります。
英語を習得することによって、視野が広がり楽しめる領域がかなり広くなります。
洋画を字幕なしで見ることができ、より映画の内容を理解出来る様になります。
海外のメディアや情報誌から、最新の情報を言葉の意味を調べる時間が減り、短時間で得ることが出来るようになります。

外国語を使うお仕事

秘書、ホテルマン・ホテルウーマン、ブライダル・コーディネーター、カウンターセールス、観光局スタッフ、航空整備士、大学秘書、通訳、ツアープランナー、ホテルレップスタッフ、コンパニオン、船舶機関士、青年海外協力隊、パイロット、マーシャラー、テーマパークスタッフ、外資系スタッフ、航海士、ワーキングホリデー、翻訳家、英文速記者、ドアマン、バンケットスタッフ、国際協力NGOスタッフ、海外営業事務、キャビンアテンダント、コンシェルジュ、留学コーディネーター、通訳ガイド、英文経理、セクレタリー、レセプショニスト、アナウンサー、etc…

英語で広がる無限の可能性をフィリピン留学・セブ留学で私達がサポートします【ファーストイングリッシュ】