フィリピン留学 留学前Q&A|セブ島留学・フィリピン留学のファーストイングリッシュ

Q&A:よくある質問

皆さんからよくある質問を集めてみました。

  • 留学前
  • 留学中
  • 帰国後
  • First English Global College
ファーストイングリッシュに学校探しや留学の手配をお願いする場合、手数料はかかりますか?
ファーストイングリッシュでは留学サポートの手数料はいただいておりませんので、ご安心くださいませ。
無料で参加することのできる説明会を東京・福岡で開催しております。また、お電話でのカウンセリングも可能ですので、まずはお気軽にお問合せください。
1日にどのくらいレッスンを受けれるのですか?
フィリピンの語学学校では平均して1日8時間のレッスンを受講することが可能です。
もちろん1日10時間に増やすこともできますし、1日4時間・3時間程度の学校もございます。
ご希望に沿った学校をご紹介いたします。
学校から寮までは離れていますか?
フィリピン留学は基本的に学校と寮が同じ施設にございますので、ご安心くださいませ。
中には寮が少し離れている学校もございますが、往復の送迎がございます。
学校に門限はありますか?
学校のよっては門限が設定されています。
厳しい校風の学校の場合、平日は一切の外出禁止・週末も厳しい門限がございます。
もちろん門限がない学校もございますので、ご希望をスタッフへお伝えくださいませ。
また、規則を何回も破ると最悪退学となりますので、厳しい校風の学校への留学を検討している場合はご注意ください。
マンツーマンレッスンは1日にどのくらい受けることができますか?
フィリピン留学ではマンツーマンレッスンを最大で10時間前後受講することができます。
学校により、最大時間は異なりますが平均して7時間~8時間受講可能です。
年末年始やクリスマスでも授業はおこなっていますか?
基本的にはクリスマスや年末年始(31日,1日)が平日の場合、レッスンがお休みとなっております。
しかし、学校によっては開校してる場合もございますので、お問合せくださいませ。
子供向けの留学ツアーはありますか?
春休みと夏休みに小学生~高校生を対象にセブ島ジュニアキャンプを毎年開催しております。
詳しくは下記ジュニアキャンプ紹介ページをご覧くださいませ。
ジュニアキャンプ紹介ページ
留学の手続きはどのような事が必要ですか?
留学には学校への申し込み・入金、航空券の準備、海外留学保険への加入が必要です。
また、パスポートをまだ取得していない場合はパスポートの取得も必要となります。
授業開始は火曜日からでも可能でしょうか。
はい、可能です。
火曜日からの場合、水曜日から授業が開始致します。
しかし、基本的には日曜日チェックイン、土曜日チェックアウトとなります。学校によっては途中入校が出来ない場合がございますので、事前にご相談くださいませ。 ※1日授業を受けれない分の返金はございませんので、ご注意ください。
土曜日や日曜日にも授業をいれることは可能ですか。
学校によって異なります。
中には土日に各9コマずつマンツーマンレッスンを受講できる学校もございます。 ご希望の学校が既にございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
授業で使うものはありますか。
辞書、筆記用具、ノート、イヤフォン(学校による)が必要です。
効率的に授業を行う為に、電子辞書をお勧めいたします。
留学前の英語の勉強は、どうすればいいですか?
弊社では、留学が決定したお客様への事前サポートとして、
スカイプレッスンを無料で3回ご案内しています。
また、英語の長文を読む力を鍛える「みんなの速読」を1か月間無料でお試しいただくことができます。
詳しくはお問い合わせください。
辞書持参した方がいいですか。
必ず電子辞書をお持ちください。
スマートフォンのアプリに内蔵された辞書をご利用する場合は、レッスン教室にインターネットがつながっていない学校がございます。 wi-fiに繋がなくても使用できるアプリをご利用ください。
校内に売店はありますか。
学校によって異なりまが、多くの学校に売店がございます。
例えば、ファーストイングリッシュグローバルカレッジでは歯ブラシ、生理用品、タオル、ビール、お菓子、携帯、マグカップ等販売しております。
現地でグループクラスからマンツーマンに変更できますか
学校により異なりますが、一般的には追加料金をお支払いいただくことで留学中でもコースを変更することが可能です。しかし、学校によって異なりますので詳しくはお問い合わせくださいませ。
(10日間)留学は可能でしょうか。
フィリピン留学は、基本的に日曜日から土曜日までの1週間単位です。
そのため、10日間の留学は、14日間留学(2週間)した場合と同じ金額になります。
1週間未満の留学は可能でしょうか。
一部の語学学校では1日単位での留学プランや、週末3日間の留学プランをご紹介しております。
ご希望の日数をお知らせのうえ、ご相談くださいませ。
知人の家やホテルからの通学留学は可能ですか?
通学で留学できる学校をご紹介することが可能です。 例えばセブ・マクタン島のFirst English Global Collegeは通学での留学ができます。
VISAの延長費用が学校によって違うのは、なぜですか。
各学校により手数料が加算されているためです。
校内に売店はありますか。
学校によって異なります。
【例】(ファーストイングリッシュグローバルカレッジ)歯ブラシ、生理用品、タオル、ビール、お菓子、携帯、マグカップ等販売しております。
学校の校内にはウォーターサーバー(お湯も出る)はありますか。
ほとんどの学校の寮には、ウォーターサーバーがございます。
お湯のご利用も可能です。
留学費用の支払いはドル払いでしょうか。
日本でお支払頂く留学費用のお支払は、日本円となっております。
【内容】入学金・授業料・寮費・海外送金手数料

お申込みいただいた日のレートで計算させてさせていただきまして
(三井住友TTSレート+為替差損により+2円)日本円で請求致します。

また、現地でお支払頂く費用は、ペソやドルでの支払いが一般的です。
【内容】SSP「特別留学許可証」・寮保証金・光熱費等
学校到着後、学校スタッフの説明に沿ってお支払い下さい。
フィリピンの水道水は飲めますか?
水道水は飲めません。
必ずミネラルウォーターをご購入いただくか、ウォーターサーバーのお水を飲んで下さい。
学校によっては寮の中にサーバーを用意しており、無料で自由に飲める学校もあります。
歯磨きなどには、水道水を使って頂いても問題ありませんが、気になる方はウォーターサーバーの水を使用しましょう。
海外保険は加入必須でしょうか。
必須となっております。現地で何かあった場合、
事情によっては多額な料金をお支払いただく場合もございます。
安全にご留学していただく為にご留学される方皆様にご加入いただいております。
留学の準備はいつぐらいからした方がいいでしょうか。
ご留学の準備は基本的に1ヶ月程前にはして頂いておりますが、
学校に空室が残っていて、飛行機のチケットが取れれば直前でも可能でございます。
シャンプー(石鹸・タオル)も持って行った方がいいですか。
ほとんどの寮・学校には、シャンプーやボディソープ・歯磨き粉、歯ブラシ、バスタオル、タオル等の日用品はついていません。
日本より持参するか、現地での購入が必要です。
お小遣いはいくら持っていけばよいでしょうか。
お小遣いにつきまして大きい買い物や週末旅行をしない場合は、
1ヶ月あたり2~5万円ほどのお小遣いを目安にしていただければと思います。
週末旅行を考えている場合は、
5万円程度+クレジットカードをお持ちいただければ安心かと思います。
換金に関しては、フィリピンのほとんどのショッピングセンターに両替所がありますのでそちらで両替可能です。
また、最近では多くの方が現地のATMを使用し、国際キャッシュカードで現金を引き出す方が多いです。
領収書は発行できますでしょうか。
通常は、金融機関の振込票をもって領収書とかえさせていただきます。
正式な領収書が必要の場合は、弊社より留学サポート料として発行可能です。
学校名の領収書が必要の場合は、ご相談ください。
セブの空港が「セブ空港」と「マクタン・セブ国際空港」と二つあったのですが、どちらでもよいのでしょうか?
「セブ空港」と「マクタン・セブ空港」は同じです。
旅行会社によって表記がマチマチなようです。
「仁川国際空港」も「インチョン」だったり「ソウル国際空港」だったりしますが同じです。
ホームページに掲載されている「授業料」には、
滞在費や寮の食事等も含まれているのでしょうか。
全体でどれくらいの予算が必要なのか知りたいので教えていただきたいです。
HP記載の授業料に含まれているものですが、
各学校によって異なっております。
全体の料金は、お部屋タイプやコース、日々のレートによって変動がございますので、お問い合わせください。
【例:First English Global College】授業料、宿泊費、食費(土日の昼・夜除く)、洗濯サービス(週2回)、掃除サービス(週1回)、空港ピックアップサービス、無線インターネット接続料が留学費用の含まれております。
基本的には各学校 授業料・寮費・食費・洗濯・掃除は含まれておりますが、
空港ピックアップやその他の
フィリピンは台風が多いと聞いたのですが、台風等で飛行機が飛ばない事はあるのでしょうか?
フィリピンに限らず、飛行機の場合は台風や機材の都合で欠航または遅発はあります。
対応は各航空会の指示にしたがってください。
遅発の場合はラウンジを使わせてくれてドリンク代や時間により食事代が支給されたりましす。
また、欠航の時は次の日の飛行機に振り替えられたりしることも稀にあります。その時は用意されたホテルに泊まるか、現金をもらうか選択できます。
念のため、飛行機が大幅におくれる時はメール等で弊社にご一報いただけきますと現地スタッフに伝えます。
(現地ではフライトの遅延は把握できるシステムがあり
成田⇔セブ等の直行便、韓国経由、マニラ経由では、料金やフライト時間(選択肢の多さや乗っている時間)は、それぞれ、どのようになりますでしょうか。
直行便・マニラ経由のフィリピンエアラインは料金は同じ設定となっています。料金 約7万円時間 直行便で4.5時間から5時間
(マニラ経由は更に約1時間プラス)経由便(大韓航空)韓国(インチョン・プサン)経由料金 約6万円時間 韓国まで 約2.5時間 韓国から4.5時間 乗り継ぎ2時間から 経由便:経由する場合~日本から経由地・経由地からセブ~同じ航空会社の場合、前便が遅延した場合でもスムーズに乗換ができ搭乗いただけますが、
航空会社が異なる場合、遅延した場合等の事を考えた場合少し長く乗換の時間があった方
航空券の手配は、自分でしないといけないですか?
ご自身での手配も可能ですし、
弊社 協力代理店への依頼でお見積り→発券まで可能です。
無料サポートですので、別途手数料は掛かりません。お気軽にお申し付けくださいませ。
また、フライトの料金は大人(12才以上)と子供(2~11才)でフライト料金が異なります。
フライト見積り依頼の際に、お知らせください。
日本からフィリピン(セブ島)までは直行便が出ていますか?
日本からセブ島までの直行便は成田空港・関西空港・中部国際空港よりでております。
直行便以外の空港発着をご希望のお客様は、
フィリピン航空をご利用頂きますとマニラ経由でのご到着、それ以外の航空会社様ですと大韓航空・アシアナ航空・キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空・セブパシフィック航空が就航しております。
時期、航空会社様によって料金やフライトスケジュールが異なりますので、事前にご確認下さい。
バギオまではどのように行けば良いのですか?
バギオはマニラからバスで7時間前後のところにございます。 まずは日本からマニラまで飛行機で移動してください。マニラからは各学校スタッフがピックアップいたします。
SSPとは何ですか?
SSP(Special Study Permit)は直訳すると「特別勉強許可証」で、観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強する為に必要なビザの一種です。
発行元はフィリピン法務省管轄の移民局になります。
フィリピンでの留学においては必ずSSPが必要となります。
英語ができませんが大丈夫ですか?
大丈夫です。
セブへは英会話入門・初級レベルの方が多く留学されています。
学校では、入学初日にレベルチェックテストが行われ、
ご自身のレベルに応じた授業を受けることができますのでご安心ください。
どれくらい前から申し込みをした方が良いですか?
余裕を持って、2~3カ月前に申し込みをされる事をお薦めしますが、
遅くても1ヶ月以上前には御予約を確定された方が良いと思います。
特に大学生の休暇シーズン(夏季、春季)は大変混み合いますので、
お早めのお申し込みをお薦めします。
すぐにでも出発したいという方は、可能な限りサポートをいたしますのでお問い合わせくださいませ。
フィリピン人英語の「なまり」は大丈夫でしょうか?
英語はフィリピン人の公用語です。
母国語ではないので、現地の人達には少しなまりがあります。
しかし、学校の講師達はトレーニングを受けているので、
非常にきれいな発音です。
基本的にアメリカ英語ですので、日本人にも聞き取りやすい英語を話します。
留学の年齢制限等はありますか?
特にはございません。
10代~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。
15歳以下の学生の方は、日本国内における身元保証を行ったうえで、
公証を受け、日本国内にて観光ビザを取得後、渡航になります。
子供と一緒に留学することはできますか?
学校のよっては1歳からの留学が可能な場合もございます。
(レッスンは3歳から)
親御様がレッスンを受けている間、ベビーシッターに預けることも可能ですので、ご相談くださいませ。
ACR-Iカードとは何ですか?
ACR-Iカードとは、いわゆる外国人登録証で、
2010年2月よりフィリピン政府が実施し始めた新しい制度による外国人の証明登録カードで、
フィリピンに60日間以上滞在する外国人、
もしくはSSP取得者に対し、『外国人登録証』(ACR-Iカード)の発給を義務付けたものとなります。
フィリピン入国の必要条件は?
①パスポート残存有効期間が滞在日数以上必要です。
②往復の航空券もしくは、第3国に出国する航空券が必要です。
③15歳未満の一人での入国は不可です。
日本で留学中のツアーやダイビング等の申し込みはできますか?
各アクティビティですが、日本でのお申込・お支払いも可能です。
ご希望のアクティビティがございましたら、留学のお申し込み後にご相談くださいませ。
海外旅行保険はいくらぐらいかかりますか。
保険会社やプランによって異なりますので、例としてAIU海外旅行保険でお申し込みいただいた場合の金額を記載します。
1週間 6,000~8000円
2週間 9,000~11000円
3週間11,000~14000円
4週間13000~17000円
5週間13000~20000円
6週間 16000~24000円
7週間 20000~30000円
8週間 23000~33000円
9週間 32000~47000円
10週間 32000~47000円
11週間 32000~47000円
英語で広がる無限の可能性をフィリピン留学・セブ留学で私達がサポートします【ファーストイングリッシュ】